Salesforce との登録解除の同期

Salesforce と登録解除を同期する際の要件

  • 登録解除の同期が有効になっている(夜間同期)
  • Salesforce に「オプトアウト」フィールドがインストールされている
  • Sales Connect のユーザーレコードに Salesforce ID がある

登録解除をプッシュ

Sales Connect で登録解除が収集された場合は、リアルタイムで Salesforce にプッシュし、同期対象として選択した「オプトアウト」フィールドのいずれかをアップデートします。Salesforce 同期を無効にしても、登録解除はメールオプトアウトに引き続きプッシュされます。

登録解除を同期

登録解除を同期を有効にする(以下の手順 3)と、夜間同期が有効になります。同期は 1 日に 1 回、午後 8:00 PST 頃に実行されます。MSE/ToutApp 内のすべての登録解除と Salesforce の「オプトアウト」フィールドが双方向に同期されます。

Salesforce への登録解除同期の設定

ユーザーは、登録解除を Marketo も同期できる標準の「メールオプトアウト」フィールドに同期するか、「Marketo セールスオプトアウトフィールド」に同期してセールス登録解除とマーケティング登録解除を区別できるようにするかを指定できます。

  1. Web アプリケーションで、歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択します。

  2. 管理設定で「登録解除」を選択します。

  3. Salesforce に同期」をクリックし、夜間同期を有効にします。

  4. 同期先のフィールドを選択します。

    フィールド 説明
    Salesforce オプトアウトフィールドに同期 デフォルトで選択され、Salesforce オプトアウトフィールドのみが更新されます。
    Marketo セールスオプトアウトフィールドに同期 セールスとマーケティングの登録解除を分けたい場合は、このオプションを選択して、追加のMarketo セールスオプトアウトフィールドをアップデートします。

ページレイアウトの「オプトアウト」フィールドのインストール

メールオプトアウト

「メールオプトアウト」は、Salesforce からインストールできる Salesforce の標準フィールドです。インストールするには、Salesforce 管理者である必要があります。

  1. Salesforce.com にアクセスしてログインします。

  2. ユーザー名をクリックし、「設定」を選択します。

  3. クイック検索ボックスで、「連絡先」または「リード」を検索します。このシナリオでは、連絡先ページレイアウトのフィールドをインストールしますが、両方のリードレコードをインストールすることが望ましいです。

  4. ページレイアウト」を選択します。

  5. フィールドを追加するページレイアウトの横にある「編集」をクリックします。

  6. フィールド」を選択します。

  7. 「メールオプトアウト」をページレイアウトにドラッグ&ドロップします。

  8. 保存」をクリックします。

Marketo セールスオプトアウト

Marketo セールスオプトアウトフィールドは、Marketo Sales Connect のカスタマイズをインストールしたユーザーが使用できるカスタムフィールドです。

Marketo Sales Connect のカスタマイズを Salesforce に正常にインストールすると、Marketo セールスオプトアウトフィールドが表示されます。

このページ