Marketo 登録解除チェック

Marketo 登録解除チェックは、チームの Marketo への接続を使用して、Marketo のリード管理システムで登録解除になっているユーザーにメールが送信されるのを防ぎます。セールスユーザーが Sales Connect でメールを送信すると、メール ID が登録解除されているかどうかを確認するために、Marketo に対して API が呼び出されます。登録解除されている場合、メールの送信がブロックされます。

メモ

管理者権限が必要

オンにする

  1. Web アプリケーションで、歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択します。

  2. 管理設定で、「登録解除」をクリックします。

  3. 統合」をクリックします。

  4. Marketo 登録解除チェックセクションで、スライダーをクリックしてチェックを有効にします。

留意事項

Marketo 登録解除チェックには次の条件があります。

  • API の制限に対してはカウントされません
  • Marketo 接続が確立されている必要があります
  • グローバル設定です
  • Web アプリケーション、メールクライアント、Salesforce から送信されるメールをブロックします
  • 失敗したメールをログに記録するか、ユーザーがすべてのワークフロー(メールプラグイン送信、個別送信、販売キャンペーン送信、複数選択および送信)で送信しようとすると、送信を阻止します。グループメールの場合は、メールの送信を静かに阻止します

このページ