メール接続のスロットリング

Sales Connect アカウントを統合して、Exchange または Gmail のメールプロバイダーを通じて送信すると、1:1 のセールス通信のための合理化された設定とメール配信品質の最適化が可能です。ただし、システムの健全性とアカウントの安全性を維持するために、Gmail と Exchange ではメール送信の制限が実施されます。これらの制限は、プロバイダーの裁量によって増減することができます。

メール接続のスロットリング(ベータ版)

利用可能性

この機能は現在ベータ版リリースです。このベータ版に参加するには、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

メール接続のスロットリングを使用すると、Sales Connect 管理者は、Gmail または Exchange を配信チャネルとして使用する場合に、配信チャネルプロバイダーに引き渡されるメールの割合が強制的な制限を超えないように、メールの送信率を設定できます。

制限を継続的に超えると、配信チャネルプロバイダーが疑わしい動作と見なし、メール送信が失敗したり、アカウントが無効になったりする場合があります。

メモ/ハイライト

  • ユーザーが Gmail または Exchange に接続すると自動的に有効化されます
  • ニーズに合わせてレコメンデーションの設定を増減する場合は、カスタマイズ可能です
  • Gmail または Exchange を通じて送信されるメールのみスロットリングし、カスタム配信チャネルをスロットリングしません
  • メール接続のスロットルは、各ユーザーがメールプロバイダーと独自に接続しているため、各ユーザーのメールを個別にキューイングします

メール接続のスロットリングの設定

  1. 歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択します。

  2. 一般」をクリックします。

  3. 「メール接続のスロットリング」カードで、メールチャネルプロバイダーに送信するメールのバッチサイズを入力します。

  4. 各バッチが送信されるまでの待機時間を設定します。この例では、45 秒ごとに 25 通のメールを選択します。

  5. 保存」をクリックします。

変更を保存すると、すべてのユーザーは、接続された Gmail または Exchange アカウントに一括でメールを送信して配信できます。

メールプロバイダーの制限

Outlook 365

ビジネス/エンタープライズ

  • 1 日あたり 10,000 件
  • 1 分あたり 30 件
  • 1 件のメールあたり 500 人の受信者

詳しくはこちらをご覧さい。

Gmail

  • 1 日あたり 2,000 件(体験版およびフラグ付きアカウントの場合は 500 件)
  • 1 秒あたり 2 件のメール(API の上限)
  • 1 メッセージあたり 2,000 人(外部受信者の場合は最大 500 人)

詳しくはこちらをご覧さい。

Microsoft Exchange Server(2010、2013)

サーバーが組織でホストされるので、制限は組織の IT 部門によって設定されます。必要に応じて、ネットワーク管理者またはシステム管理者に問い合わせてください。

このページ