メール列とメールページのレイアウト

使用可能な任意の列を、コマンドセンターのメールセクションに表示するように設定できます。設定は、各メールサブフォルダー(「配信済み」、「失敗」、「スケジュール済み」など)に対して保存されます。

メール列

説明
顧客 Sales Connect でユーザーの名前とメール。このフィールドをクリックすると、ユーザーの詳細ビューの「バージョン情報」タブが開きます。
名前 Sales Connect でのユーザーの名前。
住所 Sales Connect でのユーザーのプライマリメールアドレス。
キャンペーン メールがキャンペーンの一環として送信された場合は、キャンペーンの名前が表示されます。このフィールドをクリックすると、そのキャンペーンの設定ページに移動します。
テンプレート テンプレートの名前が表示されます(メールがテンプレートと共に送信された場合)。
件名 メールの件名行。
グループ メール受信者が属するグループが表示されます。
職位 メール受信者のタイトル。
企業 メール受信者の会社。
メールステータス メールのステータス。ステータスには、ドラフト、スケジュール済み、処理中、スパム、バウンス、失敗、送信済みが含まれます。送信済みのメールには、そのメールで発生した表示数、クリック数、返信数を示すアクティビティストリームが表示されます。
作成日 メールが作成された日付。
最終更新日 メールが最後に更新された日付。
配信チャネル メールの送信に使用された配信チャネルの名前。
最新のアクティビティ メール受信者による最後のエンゲージメント(表示、クリック、返信など)。
送信日 メールが送信された日付。
フォローアップアクション メール、電話、inMail、タスクによるフォローアップに使用できるクイックアクションボタン。
グループメール メールがグループメールの一部として送信された場合は、チェックマークが表示されます。
タスク期日 メールに関連するタスクの期限が表示されます。タスクは、メールリストのクイックアクションボタンから作成することでメールに関連付けることができます。
メールアクション メールに対するアクションを実行するために使用できるクイックアクションボタン。メールのステータスに応じて、アーカイブ、成功、削除、再試行送信、アーカイブ解除のアクションを使用できます。
タスクタイプ メールに関連するタスクのタイプを表示します。タスクは、メールリストのクイックアクションボタンから作成することでメールに関連付けることができます。
失敗日 メールが配信されなかった場合にメールが失敗した日付を表示します。

メールページレイアウト設定

次の手順に従って、レイアウトを設定できます。

  1. コマンドセンターに移動します。

  2. メール​セクションを選択します。

  3. 「設定」ボタンをクリックします。オプションには、行数の選択、表示フィールドの選択、グループメールをグリッド内の 1 つの項目にまとめるかどうか(またはメールグリッドの一部であるすべてのメールを 1 つの項目として表示する)の選択が含まれます。

  4. 完了したら、設定の外側をクリックするだけです。

このページ