セカンダリの Gmail アドレスと Sales Connect の統合の防止

最終更新日: 2023-07-25

Gmail 統合の破損(個人用 Gmail がメールを送信する理由)

Gmail 接続が切断される最も一般的な理由は、ユーザーの個人アカウントとの間の偶発的な統合です。これは、ユーザーが「接続」をクリックした場合や、自分の個人アカウントからメールを送信しようとした場合に発生する可能性があります。これは、作業用電子メールと同じ Chrome インスタンスで Gmail アカウントにアクセスする際に、このオプションが存在するので、ついそうしてしまいがちです。

Sales Connect は、なぜ個人用の Gmail との統合を試みるのでしょうか?

Sales Connect は、Chrome ブラウザーにインストールされた拡張機能を通じて Gmail と統合されます。拡張機能で Gmail の開いたインスタンスが検出されるたびに、そのインスタンスと統合するオプションを提供します。個人の Gmail アカウントとの統合を防ぐには、次の 3 つのうちいずれかをお勧めします。

別の Chrome ユーザーとしてログインする(推奨)

このリンクをクリックして、別の Chrome プロファイルの作成方法を読みます。

長所:別のユーザーとしてログインすると、Chrome の新しいインスタンスが開きます。このインスタンスは Chrome の新しいウィンドウで、古い拡張機能はこのウィンドウには存在しません。また、Cookie を保持するので、毎回 Gmail にログインする必要がなくなります。

短所:Chrome のウィンドウを 2 つ開く必要があります。

別のブラウザーを使用する

長所:拡張機能がインストールされていない別のインターネットブラウザー(IE または Firefox)を使用すると、この問題が発生しません。

短所:複数のブラウザーを使用すると面倒な場合があります。

匿名ウィンドウを使用する

長所:匿名ウィンドウは、何も設定されていない Chrome を開くようなものです。つまり、拡張機能はインストールされず、Sales Connect は接続できません。

短所:一日の作業を開始するたびに Gmail にサインインする必要があります。誤ってウィンドウを閉じた場合は、もう一度ログインする必要があります。

このページ