Salesforceのレポートダッシュボード

以下で、ダッシュボードの設定方法を説明します。

開いて「レポート」をクリックします。

  1. タスクとイベント​のレコードタイプを選択します。
  2. 目的の期間と階層構造に基づいて、レポートのパラメーターを定義します。
  3. Salesforceに記録され追加る内部電子メール(例:会社/アカウントがMarketoと等しくない場合)を削除するフィルタ。
  4. サマリ​レポートの形式を選択します。
  5. 「件追加名」、「割り当て済み」、「Marketo販売クリック数/Marketo販売閲覧数」の各フィールドがレポートに表示されます。
  6. [フィールド]ペインの[追加数式]を重複がクリックします。
  7. 数式追加の名前を指定し、形式で「パーセント」を選択し、「グループ1」を選択します。
  8. 「概要」フィールドで、「Marketo販売クリック数/Marketo販売閲覧数、」、「合計」の順に選択します。
  9. 数式追加に除算記号を付け、「概要」フィールドで「レコード数」を選択します。名前を付けて保存

テンプレートパフォーマンスレポート

  1. [開く]と[クリック]レポートをカスタマイズして、[名前を付けて保存]​のフィールドを含めます。

テンプレートボリュームレポート

  1. テンプレートのパフォーマンスレポートを変更し、「Marketoの販売テンプレートが空白ではありません」というフィルタを含めます。
  2. [Marketo販売クリック数]フィールド​名前を付けて保存​を削除します。
  1. 「勘定科目」レコード・タイプを持つアクティビティを選択します。
  2. 次に示すように、レポートのパラメーターとフィールドを設定します。名前を付けて保存

このページ