Salesforce でのワークフロールールの作成

最終更新日: 2023-07-25

Marketo Sales Insight(MSI)と Marketo Sales Connect(MSC)を並行して使用する場合、Salesforce の MSI の最有望見込客機能は更新されません。その他の MSI 機能はすべて通常どおりに動作します(iFrame での注目のアクションの表示、メール送信、キャンペーンへの追加など)。この記事では、最有望見込客を再度機能させるための回避策を示します。

メモ

これは、MSI と MSE の両方​を使用し、MSI の最有望見込客機能を使用する顧客にのみ影響します。最有望見込客が不要な場合は、無視してかまいません。

開始方法

回避策には、新しい MSE フィールドの値を古い MSI フィールドにコピーする新しいワークフロールールの作成が含まれます。独自の Salesforce インスタンスで、連絡先オブジェクト用に 4 つのワークフロールールを作成し、リードオブジェクト用に同じ 4 つのワークフロールールを作成する必要があります。これには、(CRM の役割と設定に応じて)CRM 管理者権限が必要になる場合があります。

以下に、ワークフロールールの推奨名とそれぞれの説明を示します。これらは、連絡先とリードのオブジェクトに適用されます。

「注目のアクションの詳細」フィールドの更新

コピー元:最新の Marketo エンゲージメントの詳細
コピー先:最新の注目のアクションの詳細

「注目のアクションのタイプ」フィールドの更新

コピー元:最新の Marketo エンゲージメントのタイプ
コピー先:最新の注目のアクションのタイプ

「最新の注目のアクションのソース」フィールドの更新

コピー元:最新の Marketo エンゲージメントのソース
コピー先:最新の注目のアクションのソース

「最新の注目のアクションの日付」フィールドの更新

コピー元:最新の Marketo エンゲージメントの日付
コピー先:最新の注目のアクションの日付

入力ガイド

  1. 設定」をクリックした後、「ワークフロー」を検索し、「ワークフロールール」を選択します。

  2. 新規ルール」を選択します。

  3. 「オブジェクト」ドロップダウンをクリックし、「リード」を選択してから、「次へ」をクリックします。

  4. ルール名に、「注目のアクションの詳細フィールドの更新」と入力します。作成したラジオボタンを選択し、編集のたびに選択します。「ルール条件」ドロップダウンで、式の評価結果が true になります。ISCHANGED 関数を検索して選択します。次に、デフォルトのフィールド値をハイライト表示し、「フィールドを挿入」をクリックします。

  5. 「フィールドの挿入」ポップアップで、「最新の Marketo エンゲージメントの詳細」を選択し、「挿入」をクリックします。

  6. 保存して次へ」をクリックします。

  7. 「ワークフローアクションを追加」ドロップダウンで、「新しいフィールドの更新」を選択します。

  8. 「名前」フィールドに、「注目のアクションの詳細フィールドの更新」と入力します(一意の名前が自動生成されます)。「更新するフィールド」ドロップダウンで、「最新の注目のアクションの詳細」を選択します。「数式を使用して新しい値を設定」ラジオボタンを選択し、「数式エディターを表示」をクリックします。

  9. フィールドを挿入」ボタンをクリックします。

  10. 最新の Marketo エンゲージメントの詳細」を選択し、「挿入」をクリックします。次のページで、「保存」をクリックします。

  11. 完了」をクリックします。

  12. アクティブ化」をクリックして、ワークフロールールをオンにします。

    最後の手順の後、開始方法の節にリストされているその他のフィールド(詳細、タイプ、ソース、日付)用に、ワークフロールールを複製するように選択できます。連絡先オブジェクトの 4 つのワークフロールールを完了したら、リードオブジェクトに対して同じ手順を繰り返します。

このページ