タスクのアクティビティタイプフィールド(SFDC)

Sales Connectの支援を受けて、電子メールや呼び出しをSalesforceのアクティビティとしてログに記録することができます。 Salesforceで重要なデータを得るための重要な要素は、「Type」フィールドに正しい値が入力されることです。

メモ

BCCを使用して電子メールをログに記録しても、タスクタイプの選択リストは参照されず、代わりに、BCCアドレスを通じてSalesforceに配信されるので、タイプフィールドに「電子メール」として自動的に入力されます。

要件

  • Salesforceとの接続
  • タスクタイプの選択リストでデフォルトタイプの値が選択されていません
  • 呼び出し、返信、電子メールは、タスクタイプの選択リストにすべて存在する必要があります(大文字と小文字の区別)
  • 「Type」フィールドの値に対してアクションを実行するワークフローやトリガーはありません。

セットアップ

まず、適切なpicklist値が正しいかどうかを確認します。 選択リストに変更を加えるには、Salesforce管理者の助けが必要です。

  1. Salesforce.comに移動し、右上隅の「設定」をクリックします。
  2. 「カスタマイズ」をクリックします。
  3. 「アクティビティ」をクリックします。
  4. 「タスクフィールド」をクリックします。
  5. タイプをクリック.
  6. これで、タスクタイプの選択リストに移動しました。 「デフォルト」が選択されていないことを確認します。
  7. 「電子メール」、「呼び出し」、「返信」に「タイプ」の値が表示されていることを確認します。

これで、「タイプ」フィールドが表示され、ログに記録された電子メール、呼び出し、返信の対応する値が入力されます。 これらの値は、Sales Connectリマインダータスクに​入力されません

メモ

値として「返信」が表示されない場合は、「新規」をクリックして、返信を追加します。 'Reply'はSalesforceの標準値ではありません。

このページ