メールの HTML を編集する

メールの基になる HTML の変更が必要になることがあります。外部システムを使用してメールのコードを設計および構築することもあります。どちらの場合も、メールエディター内から簡単にコードを読み込んだり、編集したりできます。

HTML の編集

  1. メールを選択して、「ドラフトを編集」をクリックします。

  2. コードを編集」をクリックします。

  3. 変更を加えます。終了したら「保存」をクリックします。

    メモ

    好きなように変更できます。HTML 全体を置き換えることも、若干の調整をおこなうこともできます。

  4. コードアクション​ドロップダウンをクリックすると、コードの HTML ファイルのダウンロード、CSS のインライン化、HTML の検証のいずれかをおこなうことができます。

    メモ

    メールのベストプラクティスは、すべてのスタイルをインライン化することです。複数のメールクライアントでは、<head> セクションでの CSS はサポートされていません。

テンプレートからのメールの分離

メールはこれらのコードの変更によってはテンプレートから分離​されません

  • 任意のモジュールのコンテンツの編集(モジュール内への新しい要素の追加を含む)

  • コンテナへの新しいモジュールの追加

  • コンテナからのモジュールの削除

  • モジュール外の任意の要素の mkto 固有の属性(たとえば、「mktoName」や「mktoImgUrl」)の変更

  • 任意の要素のコンテンツの編集(リッチテキスト、画像、ビデオなど)

コードエディターで次を実行すると、メールがテンプレートから分離​されます

  • 要素またはモジュール外のコード内の変更
  • モジュール外の任意の要素の非 mkto 属性(「id」や「style」など)の追加または変更
  • モジュール外の要素の削除

コードの検索

コードを検索機能を使用すると、メールの HTML コード内のコンテンツを効率的に検索して置換することができます。

  1. メールのコードで、「コードを検索」をクリックします。

  2. 検索する項目を入力し、「次を検索」をクリックして前方を検索するか、「前を検索」で逆方向に検索します。また、「置換」および「すべてを置換」オプションもあります。

  3. 終了したら「閉じる」をクリックします。

    メモ

    「コードを検索」は、メールテンプレートエディターでも使用できます。

Marketo の組み込み機能を使用してメールを引き続き編集することをお勧めしますが、必要に応じて、このコードエディターで柔軟にメールを編集できます。

このページ