Eメールエディター2.0への移行

2019年6月のリリースで、すべてのMarketoサブスクリプションがEメールエディター2.0に移行されました。Eメールエディター1.0のサポート終了の詳細

サブスクリプション内のEメールとEメールテンプレートには、バージョン番号が必要です。 アセットの概要ページにバージョンが表示されます。

デフォルトでは、既存の電子メールおよび電子メールテンプレートは、Spring '16リリースより前か、電子メールエディター2.0が無効になっているリリース後に作成された場合、すべてv1.0としてマークされます。 Eメールエディター2.0が自動的に有効になった場合、次の動作が表示されます。

  • 新しい電子メールを作成すると、電子メールテンプレートピッカーが表示され、v2.0電子メールテンプレートを選択できます。
  • Eメールエディター2.0でEメールを作成または編集する際、結果のEメールは常にv2.0としてマークされます(v1.0のEメールテンプレートを使用している場合でも)。

Eメールエディター2.0に移行する前に、サブスクリプションにv1.0のEメールが含まれている場合、アセットの現在の状態に基づいて、次の動作が発生します。

承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、承認済み電子メールのv2.0ドラフトが作成されます。その後v2.0ドラフトを承認した場合、電子メールの承認状態はv2.0になり、v1.0に戻す方法はありません。
ドラフト - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。この時点では、アセットの承認済みバージョンがないので、破棄してv1.0に戻すことはできません。ドラフトで承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。このため、ドラフトをv1.0に戻す方法もありません。

Eメールエディター2.0に移行する前に、サブスクリプションにv1.0のEメールテンプレートが含まれている場合、次の動作が発生します。

承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、既存の電子メールテンプレートのv2.0ドラフトが作成されます。ドラフト - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。この時点では、承認されたバージョンのアセットがないので、破棄してv1.0に戻すことはできません。ドラフトで承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。このため、ドラフトをv1.0に戻す方法もありません。

(上記のいずれかの状態で)以前のv1.0である電子メールテンプレートを承認すると、次の動作が表示されます。

(以前のv1.0)テンプレートを使用していた既存のv1.0電子メールの場合:
承認済みv1.0電子メール — 新しく承認されたv2.0テンプレートを使用しながら、この電子メール用にv2.0ドラフトが作成されます。また、テンプレートの変更も受け取ります。
Draft v1.0電子メール — ドラフトは、「Edit Draft」をクリックするまでv1.0のままです。その後、自動的にv2.0としてマークされ、テンプレートの変更が反映されます。
ドラフトv1.0で承認済みの電子メール — ドラフトは、「ドラフトを編集」をクリックするまでv1.0のままです。その後、自動的にv2.0としてマークされ、テンプレートの変更が反映されます。

(以前のv1.0)テンプレートを使用していた既存のv2.0電子メールの場合:
承認済みv2.0電子メール — この電子メールに対してv2.0ドラフトが作成され、引き続き新しく承認されたテンプレートを「使用」し、テンプレートの変更を受け取ります。
ドラフトv2.0の電子メール — ドラフトはそのまま(v2.0)のままで、テンプレートの変更を受け取ります。
ドラフトv2.0で承認済みの電子メール — ドラフトはそのまま(v2.0)のままで、テンプレートの変更を受け取ります。

注意

v1.0電子メールテンプレートのv2.0ドラフトを承認した場合、そのテンプレートはv2.0になります。v1.0に戻す方法は​ありません。

注意事項

  • 承認されたEメールは​変更されません

  • 承認された電子メールテンプレートは​変更されません

  • 稀な​​ケースでは、Eメールエディター2.0でv1.0 Eメールを開くことができません。この場合は、ドラフトを破棄してMarketoサポートにお問い合わせください。

このページ