Email Editor 2.0への移行

2019年6月のリリースの時点で、すべてのMarketo購読はEメールエディタ2.0に移行しています。Eメールエディタ1.0の提供終了についての詳細は、を参照してください。

購読内の電子メールおよび電子メールテンプレートには、バージョン番号が必要です。 バージョンは、アセットの概要ページにあります。

既存の電子メールおよび電子メールテンプレートは、2016年春より前に作成された場合、または電子メールエディタ2.0が無効になった場合は、デフォルトで、すべてv1.0としてマークされます。 電子メールエディタ2.0が自動的に有効になったので、次の動作が表示されます。

  • 新しい電子メールを作成すると、電子メールテンプレートピッカーが表示され、v2.0電子メールテンプレートを選択できます。
  • 電子メールエディタ2.0で電子メールを作成または編集すると、結果の電子メールは常に​v2.0として​マークされます(v1.0の電子メールテンプレートを使用している場合も含む)。

購読ーで電子メールエディター2.0に移行する前にv1.0の電子メールが送信されている場合、アセットの現在の状態に基づいて、次の動作が発生します。

承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、承認済み電子メールのv2.0ドラフトが作成されます。その後v2.0のドラフトを承認した場合、電子メールの承認状態はv2.0になり、v1.0に戻す方法はありません。
ドラフト - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。この時点では、承認されたバージョンのアセットがないので、破棄してv1.0に戻すことはできません。ドラフトで承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。このため、ドラフトをv1.0に戻す方法もありません。

購読にv1.0の電子メールテンプレートがある場合、Email Editor 2.0に移行する前に、次のような動作が発生します。

承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、v2.0のドラフト版の既存の電子メールテンプレートが作成されます。ドラフト - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0としてマークされます。この時点では、承認されたバージョンのアセットがないので、破棄してv1.0に戻すことはできません。ドラフトで承認済み - 「ドラフトを編集」をクリックすると、そのドラフトが自動的にv2.0とマークされます。このため、ドラフトをv1.0に戻す方法もありません。

v1.0以前(上記のいずれかの状態)の電子メールテンプレートを承認すると、次の動作が表示されます。

(以前はv1.0)テンプレートを使用していた既存のv1.0電子メールの場合:
承認済みv1.0電子メール — 新たに承認されたv2.0テンプレートを使用したまま、この電子メール用にv2.0ドラフトが作成されます。また、テンプレートに関する変更も受け取ります。
Draft v1.0 email — ドラフトは、「Edit Draft」をクリックするまでv1.0のままです。その後、v2.0として自動的にマークされ、テンプレートの変更を受け取ります。
ドラフトv1.0の電子メールで承認済み — ドラフトは、「ドラフトを編集」をクリックするまでv1.0のままです。その後、v2.0として自動的にマークされ、テンプレートの変更を受け取ります。

(以前はv1.0)テンプレートを使用していた既存のv2.0電子メールの場合:
承認済みv2.0電子メール - v2.0のドラフトがこの電子メール用に作成され、新しく承認されたテンプレートを「使用」したままになり、テンプレートの変更を受け取ります。
ドラフトv2.0電子メール — ドラフトはそのまま(v2.0)で、テンプレートの変更を受け取ります。
ドラフトv2.0の電子メールで承認済み — ドラフトはそのまま(v2.0)で、テンプレートの変更を受け取ります。

注意

v1.0電子メールテンプレートのv2.0ドラフトを承認すると、テンプレートはv2.0になります。​でv1.0に戻す方法はありません。

注意事項

  • 承認された電子メールは​変更されません

  • 承認された電子メールテンプレートは​変更されません

  • まれに​が発生するケースが少ない場合は、v1.0の電子メールを電子メールエディタ2.0で開くことができません。この場合は、下書きを破棄して、Marketoサポートに問い合わせてください。

このページ