メールの要素を編集する

メールには、リッチテキスト、画像、スニペット、ビデオの 4 つの異なる要素を含めることができます。それぞれの編集方法を次に示します。

リッチテキスト要素の編集方法

  1. 目的のメールを選択して、「ドラフトを編集」をクリックします。

  2. メールエディターが開きます。リッチテキストを選択し、歯車アイコンをクリックして、「編集」を選択します。

    また、右側のウィンドウの要素にマウスポインタを合わせると、歯車アイコンが表示されます。

  3. テキストを追加または編集し、「保存」を押します。

    メモ

    また、画像、トークン、テーブル、その他の要素を追加することもできます。「リッチテキストエディターの使用」を参照してください。

    注意

    Web サイトや Word ドキュメントなどのリッチテキストソースからテキストをコピー&ペーストしないでください。代わりに、まず Notepad(Windows)や TextEdit(Mac)などのプレーンテキストエディターにリッチテキストを貼り付けます。「クリーン」になったら、プレーンテキストエディターからコピーしてメールに貼り付けることができます。

画像要素の編集方法

  1. 画像要素を含むモジュール内をクリックして選択します。

  2. 編集する画像要素をクリックし、歯車アイコンをクリックして、「編集」を選択します。

    メモ

    要素をダブルクリックして編集を開始することもできます。

  3. 画像エディターが表示されます。

    画像を挿入する方法は 3 つあります。1 つずつ見てみましょう。

    外部 URL

    メモ

    Marketo トークンを使用する場合は、このオプションを使用します。トークンを使用する場合、画像はエディターで壊れて表示されますが、プレビューモードとサンプルを送信メールではレンダリングされます。

    外部 URL を使用するには、まず画像の URL に貼り付けます。必要に応じて寸法を変更し、代替テキストを追加します(オプション)。次に、「スワップ」を押します。

    マイコンピュータ

    お使いのコンピューターから画像をアップロードするには、「参照」をクリックします。

    コンピューター上の画像の場所に移動し、挿入します。

    必要に応じてサイズを変更し、代替テキスト(オプション)を変更して、「スワップ」を押します。

    メモ

    画像を置き換える場合は、「既存の画像を上書き」ボックスが表示されます。

    Design Studio

    Design Studio から画像を挿入するには、画像を配置して…

    …挿入します。必要に応じてサイズを変更し、代替テキスト(オプション)を変更して、「スワップ」を押します。

スニペット要素の編集方法

  1. スニペット要素を含むモジュール内をクリックします。

  2. スニペット要素、歯車アイコンの順にクリックし、「編集」を選択します。

  3. スニペットを見つけて選択し、「保存」をクリックします。

  4. スニペットが入力されます。

ビデオ要素の編集方法

  1. ビデオ要素を含むモジュール内をクリックします。

  2. ビデオ要素、歯車アイコンの順にクリックし、「編集」を選択します。

  3. Vimeo または YouTube からビデオの URL を貼り付けます。次に、プレビューを読み込むための URL ボックスの外側をクリックします。(オプション)必要に応じてサイズを変更し、代替テキストを追加して、「挿入」を押します。

    メモ

    YouTube ビデオの場合は、「共有」オプションにあるショートカット URL ではなく、アドレスバーの完全修飾 URL を使用します。

完璧なメールのデザインを楽しんでください。

このページ