非ラテン文字リストの読み込み

英語以外のファイルをインポートしようとしている場合 Excelで開くと、リストが完璧に表示されます。

しかし、Marketoに読み込むと、英語以外の文字が正しく取り出されないことがわかります。

これは、Marketoがラテン系以外の文字を認識できるように、ファイルが正しく保存されないためです。 良い知らせは、いくつかの簡単な手順を実行して修正できることです。

  1. 名前を付けて保存を選択…Excelの​ファイル​メニューの

  2. 形式」オプションとして「UTF-16 Unicodeテキスト(.txt)」を選択します。 これにより、Marketoがファイルを表示する方法でファイルがエンコードされます。

    メモ

    Marketoは、UTF-8、Shift-JIS、またはEUC-JPもサポートしています。

  3. 新しいファイルは、.txt拡張子を持つテキストファイルとして保存されます。 また、ファイル内のすべてのカンマがタブに変換されます。 変えなきゃ。

    ヒント

    Windowsを使用している場合は​メモ帳​を使用し、Macを使用している場合は​TextEdit​を使用してテキストファイルを開くことができます。

  4. ドキュメントからタブを選択し、コピーします。

  5. 検索と置換を選択…​編集​メニューから​を選択します。

    ヒント

    Windowsユーザーにとって、次の操作と同じです。編集/置換…

  6. 手順4でコピーしたタブを最初の(置き換える)ボックスに貼り付け、2番目の(置き換える)ボックスにカンマを入力します。 「すべて」をクリックします。

  7. カンマは全て戻りましたすぐに回れます

  8. 新しいファイルをMarketoにインポートすると、この時点で情報が正しく表示されます。

    メモ

    読み込まれる日付/時間フィールドは、すべて中央時間として扱われます。 別のタイムゾーンに日付/時間フィールドがある場合、Excelの数式を使用して中央標準時(米国/シカゴ)に変換できます。

奇妙だと分かっていますが機能します お気に入り!

このページ