電子メールパフォーマンスレポート

配信、開封、クリックなどの統計に関する電子メールのパフォーマンスを確認するには、電子メールのパフォーマンスレポートを作成します。

  1. ログラムでレポートを作成し、「 電子メール パフォーマンスレポートタイプ」を選択します。

  2. レポート時間 枠を変更し、「レポート」 ​タブをクリックします。

  3. そこだ! 次に、レポートを調べて、電子メールのパフォーマンスを確認します。

    メモ

    送信日フィルターは、電子メールが最初に送信された日付に基づきます。

    ヒント

    電子メールの名前をクリックして、電子メールプレビューで開きます。

    メモ

    電子メールのパフォーマンスレポートには、電子メールの送信後に削除されたユーザーを含む、すべてのユーザーのアクティビティが含まれます。 場合によっては、アクティブなユーザーのアクティビティのみを表示したい場合があります。 その場合は、削除したユーザーをレポートから除外する必要があります。 スマートリスト​タブを使用して、レポート用のスマートリストを作成します。 特定のフィールドに対してフィルタを適用しない場合は、電子メールアドレスフィルタを次のように設定します。が空ではありません

    電子メールパフォーマンスレポートのレポート 列を選択します。次に例を示します。

    縦棒 詳細
    ハードバウンス 電子メールアドレスが存在しないなどの恒久的な条件が原因で、電子メールが拒否されました。
    ソフト バウンス サーバーがダウンしているか、受信トレイがいっぱいであるなど、一時的な状態が原因で電子メールが拒否されました。
    保留中 この数は、送信された電子メールの合計数から、配信済み、バウンス済み、ソフトバウンスの各電子メールの数を引いて計算されます。
    クリック済みリンク 電子メール内のリンクをクリックした電子メール受信者の数。
    配信停止完了 電子メール内の​購読解除​リンクをクリックし、フォームに入力した電子メール受信者の数です。
    メモ

    登録を解除したリンクと電子メールアドレスが電子メールでクリックされても、レポートの「クリックされたリンク」に登録されません。

一般的に、私たちは常識を使って統計を記録しようとします。 例えば、電子メール内のリンクをクリックした訪問者は、明らかに最初に電子メールを開いています。 電子メールパフォーマンスレポートでは、次の特定のルールに従います。

  • ルール1:各電子メールアクティビティレコードは、次のうち1つ(1つのみ)に設定されます。 配信済みハードバウンスソフトバウンス保留

  • 規則2:電子メールレコードに「 開封済み」と表示されている場合は 、「​配信済み」とカウントされます。

  • 規則3:電子メールレコードに クリックされた電子メール 」または「登録解除​済み __ 」と表示される場合は、「配信済みで 開いています」とカウントされます。

  • 規則4:電子メールが「 開く」の場合、バウンスは無視されます。電子メールが開かれていない場合は、ハードバウンス​が​ソフトバウンス​および​配信済み​より優先されます。

メモ

同じキャンペーンから同じ人に対する複数の送信が1回だけカウントされます。

このページ