「送信元アドレス」A/B テストを使用する

メールの A/B テストはとても簡単に実施できます。なかでも興味深いのが、送信元アドレス​テストです。その設定方法を説明しましょう。

  1. メール」タイルで、目的のメールを選択して「A/B テストの追加」をクリックします。

  2. 新しいウィンドウが開かれるので、「テストタイプ」で「送信元アドレス」を選択します。

  3. 既存のテスト情報(件名テストなど)がある場合は、「テストのリセット」をクリックします。

  4. テストする 2 つ目の​送信元アドレス​情報を入力します。

    メモ

    選択 A には、選択したメールに含まれる情報が事前入力されます。

    ヒント

    +」をクリックして、送信元アドレスを必要な数だけ追加できます。

  5. A/B テストを送信したいオーディエンスの割合をスライダーで選択して、「次へ」をクリックします。

    メモ

    それぞれのバリエーションの割合は、選択された「テストサンプルサイズ」を等分したものとなります。

    注意

    サンプルサイズを 100% に設定しないことをお勧めします。静的リストを使用している場合、サンプルサイズを 100% に設定すると、オーディエンスの全員にメールが送信され、だれも勝者になりません。スマート​リストを使用している場合、サンプルサイズを 100% に設定すると、その時点で​オーディエンスの全員にメールが送信されます。メールプログラムが後日再実行されると、スマートリストに振り分けられた新しいリードも、オーディエンスに含まれるようになっているのでメールを受け取ります。

    ここまで来れば、あと一歩です。続いて、A/B テストの勝者の条件を定義する必要があります。

このページ