「アドレスから」のA/Bテストを使用

電子メールのA/Bテストは簡単に行えます。 興味深いテストの1つは、From Address​テストです。 設定方法を次に示します。

必要条件
  1. 電子メール​タイルの下で、電子メールを選択した状態で、追加A/Bテスト​をクリックします。

  2. 新しいウィンドウが開き、From Address for Test Type​を選択します。

  3. 以前のテスト情報(サブジェクトテストなど)がある場合は、[テストのリセット]をクリックしても問題ありません。

  4. 2つ目の​テストする[差出人アドレス]情報を入力します。

    メモ

    選択肢Aは、選択した電子メールに含まれる情報を事前に入力します。

    ヒント

    +​をクリックして、必要な数だけFrom Addressesを追加できます。

  5. スライダを使用してA/Bテストに含めるオーディエンスの割合を選択し、次へ​をクリックします。

    メモ

    異なるバリエーションは、選択したテストサンプルサイズの同じ部分に送られます。

    注意

    サンプルサイズを100%に設定しないことをお勧めし​ます。静的なリストを使用している場合は、サンプルサイズを100%に設定すると、オーディエンス内の全員に電子メールが送信され、推奨結果は誰にも送信されません。 smart​リストを使用している場合、サンプルサイズを100%に設定すると、その時点​_でオーディエンス_​内の全員に電子メールが送信されます。 電子メールプログラムが後日再び実行されると、スマートリストに振り分けられた新しいユーザーも、オーディエンスに追加された後で電子メールを受け取ります。

    もう少しで着く。 次に、A/Bテストの推奨結果条件🔗を定義する必要があります。

このページ