専用 IP アドレスを使用したメール送信

1 つ以上の専用 IP から送信することで、送信レピュテーションを完全に制御できます

利用可能性

専用 IP はアドオン製品です。すべてのユーザーが専用 IP をプログラムに追加する資格を持つわけではありません。専用 IP を維持するには、月に 100,000 件を超えるメールを送信し、キャンペーンの安定したケイデンスを維持する必要があります。専用 IP を Marketo プログラムに追加する方法の詳細については、CSM にお問い合わせください。

月に送信するメールが 100,000 件未満で、キャンペーンの量が変化する場合、または季節に応じてメールを送信する場合は、専用 IP を維持できません。Marketo は、厳格なベストプラクティスに従う顧客向けに、個別の信頼できる IP 共有プールを維持しています。興味がある場合は、このアンケートに記入し、Marketo の信頼できる IP プログラムにお申込みください。

すべての Marketo アカウントは共有 IP から使用開始し、すぐにメールを送信できます。専用 IP を追加する場合は、配信品質コンサルタントと協力して、IP のプロビジョニングをスケジュールします。

専用配信品質コンサルタントは、次のことを提供します。

  • IP ウォームアップに関するコーチングとコンサルティング
  • 新しい専用 IP をブランディングするために必要な DNS エントリ
  • 専用 IP のセットアップとアクティベーション
  • ウォームアップフェーズ中のチェックインで成功をサポート

専用 IP の立ち上げ

長期にわたる配信品質を最大化するために、配信品質コンサルタントは、専用 IP 上のメールキャンペーンの量を徐々に増やすためにカスタマイズされたレコメンデーションを提供します。これを「IP のウォームアップ」と呼びます。最初は、コールド(まっさら)な状態から始めて、メールの送信によってウォームアップします。コールドな IP から大量のメールを送信すると、スパムと判断される場合があります。

重要:1 か月あたり最低 50,000 通のメールを維持します。これにより、レピュテーションと到達率について一貫したパターンが確立されます。「ウォーム」な IP 上でも、メールの量が大幅に増減すると、メールプロバイダーがメールを疑わしく見る原因となります。

ヒント

データベースをクリーンな状態に保つことで、高い到達率が維持されます。Adobe では、メールの受信をオプトイン/リクエストした人にのみマーケティングコミュニケーションを送信する必要があります。スパムになってはいけません。

注意

バウンス件数が多い場合や、その他の問題がある場合は、Marketo サポートにお問い合わせください。クリーンなデータベースを維持し、プログラムとの関与を高める方法について、より焦点を絞ったサポートを希望する場合は、Marketo のメール配信品質コンサルタントがカスタムサービスパッケージに従事することができます。

このページ