カスタム DKIM 署名の設定

最高の到達率を確保するために、すべてのアウトバウンドメールに共有 Marketo DKIM 署名を使用して自動的に署名します。

メモ

この記事の手順の一部を完了するには、IT チームの支援が必要になる場合があります。

DKIM 署名をパーソナライズして、選択したドメインを反映させることができます。手順は以下のとおりです。

  1. 管理​セクションに移動します。

    メモ

    古い方法でカスタム DKIM 署名を設定した場合、その署名は引き続き機能し、ここに表示されます。

  2. 電子メール」をクリックしてから「DKIM」タブをクリックして、最後に「ドメインを追加」をクリックします。

  3. Marketo メールで使用するドメインを送信元アドレスとして入力し、「追加」をクリックします。

    ヒント

    送信元アドレスに別のドメインを使用している場合、Marketo の共有 DKIM 署名を使用します。

  4. IT に​ホストレコード​および​文字列の値​を送信します。レコードを作成して、送信元ドメインに関連付けられているすべてのネームサーバーに反映させるように依頼します。Marketo の DKIM 検証では、DKIM 鍵が DKIM 署名済みのドメインに関連付けられているすべてのネームサーバーに伝播される必要があります。

  5. レコードの作成を確認したら、Marketo に戻り、ドメインを選択して、「DNS を確認」をクリックします。

    メモ

    確認に失敗したが IT はレコードを正しく作成している場合は、DNS の伝播が問題になっている可能性があります。後でもう一度お試しください。

    注意

    対応する DNS レコードを変更または削除すると、到達率が低下します。DNS を変更する前に、必ず Marketo のエントリを削除してください。

    これは、メールの到達率に絶対に役立ちます。レコードが存在し、正しいことを確認する必要があります。

このページ