LinkedInリードジェネレーションFormsの設定

LinkedInリードジェネレーションFormsを使用して、LinkedInで広告キャンペーンを実施し、Marketoのリードを生み出します。

メモ

必要な管理者権限

  1. Marketo 管理者​に移動します。

  2. LaunchPoint​に移動し、「新規」をクリックして、「新しいサービス」を選択します。

  3. サービスの​表示名​を入力し、ドロップダウンから​LinkedInリードジェネレーション​サービスを選択して、次へ​をクリックします。

  4. Marketoは同じブラウザでlinkedin.comに新しいタブを開きます。 統合に使用するアカウントを使用して、LinkedInにログインします。

    メモ

    LinkedInアカウントは、スポンサーキャンペーンを作成するすべてのLinkedInビジネスアカウントにアクセスする必要があります。

  5. LinkedInにログインした後、Marketoに戻り、許可​をクリックします。

  6. プロンプトが表示されたら、「​許可」をクリックして、LinkedInへのMarketoアプリケーションのインストールを受け入れます。

  7. これで認証が完了したことに気づくでしょう。 「次へ」をクリックします。

    注意

    サービスの有効期限は、認証後1年で自動的に切れます。 アクセスを取り戻すには、「再認証」をクリックします。 ブラウザの設定に応じて、LinkedInのパスワードを再入力する必要がある場合があります。

  8. LinkedInリードジェネレーションのリードがMarketoに来る元のアカウントを選択し、次へ​をクリックします。

    ヒント

    想定しているビジネスアカウントが表示されない場合は、承認されるユーザーのLinkedInアカウントに、LinkedInのビジネスアカウントに対するリードジェネレーションフォームマネージャ権限があることを確認してください。

  9. デフォルトのLinkedInとMarketoのフィールドのマッピングを受け入れるには、「作成」をクリックします。 デフォルトのフィールドマッピングの変更、フィールドマッピングの削除、新しいフィールドマッピングの追加を行う場合は、以下のモーダルを使用して、フィールド単位でこれを行うことができます。

    注意

    Marketoは、2つのLinkedInフィールドを1つのMarketoフィールド​にマッピングするのをサポートしていますが、2つのLinkedInフィールドが同じフォーム上にない場合のみ​にマッピングします。 同じLinkedIn形式の2つのフィールドを1つのMarketoフィールドにマップすると、Marketoのデータベースにユーザーが入力できない場合があります。

    メモ

    LinkedInキャンペーンマネージャーのフォームテンプレートに既に保存されているLinkedInフィールドのみが、MarketoフィールドにマップできるLinkedInフィールドとして表示されます。

うまくいった! LinkedInリードジェネレーションフォームを送信する人は、LinkedIn側で成功したキャンペーンを実行する際に、Marketoに流れ込む開始を送信します。

メモ

認証できるのは、1つのLinkedInユーザーアカウントのみです。 Marketoにリンクする複数のビジネスアカウントがある場合は、承認するユーザーのLinkedInアカウントに、LinkedInのビジネスアカウントに対するリードジェネレーションフォームマネージャの権限があることを確認してください。

このページ