参照オファーの目標を指定

参照オファーを作成する場合は、受渡目標を定義する必要があります。 目標は、ページ訪問数やサインアップ数など、Webページ上の個人アクティビティによって定義できます。 カスタムJavaScriptイベントを使用することもできます。

また、Marketoのスマートリストトリガーを使用して、参照者に対してオポチュニティが作成されるなど、マイルストーンが発生するのを待つこともできます。

目標の例:

  • 10回の来訪
  • 5参照登録
  • 1個の参照されたオポチュニティが作成されました
  • 2参照によるeコマース購入
  • 5人の参加者によるウェビナー
  1. マーケティングアクティビティ​に移動します。

  2. 参照オファーーを選択し、「ドラフトを編集」をクリックします。

  3. 参照オファーエディターで、アプリ設定/オファーの詳細​に移動します。

  4. 設定」で、達成目標​ドロップダウンからイベントタイプを選択します。

ヒント

転送者にクレジットを与える」フローステップを使用する場合は、「スマートリストトリガー」をフルフィルメント目標タイプとして選択する必要があります。

  • 参照による訪問:オファーの参加者は、オファーをホストする友人からページへの訪問ごとにクレジットを受け取ります。

  • 参照先サインアップ:オファーの参加者は、オファーに登録した各友人のクレジットを受け取ります。

  • スマートリストトリガー:オファー参加者は、スマートキャンペーンスマートリストトリガーの条件を満たす各友人のクレジットを受け取ります。 例えば、参照元見込み客がウェビナーにサインアップしたときに発生するトリガーを使用できます。

  • カスタムJavaScriptイベント:オファーの参加者は、ページ上で定義されたJavaScriptイベントをトリガーする各友人のクレジットを受け取ります。 「カスタムイベント用のコンバージョンスクリプト」を参照してください。

メモ

スマートキャンペーンでは、ソーシャルアクティビティを監視するための新しいフィルターとトリガーが追加されました。 ソーシャルアクティビティに対するトリガーとフィルターの使用を参照してください。

このページ