デジタル広告キャンペーンの売上高アトリビューションの設定

デジタル広告チャネルとキャンペーンの売上高アトリビューションを設定する方法を説明します。 設定後は、他のMarketoプログラムと同様に、デジタル広告に対してファーストタッチとマルチタッチの売上高属性を設定できます。

Marketoで最初の広告プログラムを設定したら、他のチャネル用にその広告プログラムを複製して更新できます。 例えば、LinkedInプログラムをFacebookプログラムにコピーします。

別々のプログラムを使用すると、それぞれのプログラムの変換数を追跡し、プログラムアナライザー、Opportunity Influence Analyzer、およびその他のMarketo Analytics 機能でプログラムを確認できます。

必要条件
  • ステータス値とプログラムの成功(デジタル広告、ソーシャル有料および PPC など)を含むチャネルタグの設定
  • クエリ文字列をユーザーに渡すフォームを作成または編集する
  • 一部の売上高サイクル分析機能にアクセスして、広告チャネルとキャンペーンに関するレポートを作成してください

デフォルトプログラムの作成

特定の期間、定期的に実行されるプログラム(電子メールなど)とは異なり、デフォルトのプログラムは常にオンになっています。

  1. マーケティングアクティビティ​に移動します。

  2. クリック 新規 を選択します。 新規プログラム.

  3. 既にプログラムがある場合は、 クローン.

    ヒント

    プログラムを複製する場合は、必ずスマートリストのクエリー文字列フィールドの名前を置き換えてください。

  4. 最初のプログラムを設定した後、特定のキャンペーンフォルダーに新しいプログラムを配置します。

    メモ

    URL を通じて渡されるクエリ文字列は、Marketoでのユーザーになったときにユーザーがクリックした広告キャンペーンをMarketoが把握するのに役立ちます。

    測定対象のすべての変数を含むクエリー文字列手法を作成できます。 Marketoは、これらの変数を使用して、ユーザーを異なるプログラムに追加します。

    例えば、Channel type_Channel__Asset__Region を使用できます。 次のようになります。SP_FB_NewGuide_US。 注意:省略形はスペースを節約します。

    または、 Channel_Adsource_AssetName_Region_UniqueIdNumber として設定します。 次のようになります。Social-Paid_Facebook_NewGuide_NA_123.

新しい名前用のスマートキャンペーンの作成

  1. スマートキャンペーンで、図のように、2 つのトリガーと 2 つのフィルターを含むスマートリストを作成します。

    メモ

    2 つのクエリで使用されるトリガー列と 名前をキャプチャしたプログラム フィルターは一意です。 ここに示すクエリー文字列は、例です。 フィールドを複製した場合は、これらのフィールドを置き換えます。

  2. 属性を変更するフローステップの作成 獲得プログラム 「新しい値」に、有料ソーシャルキャンペーン用に定義した値を設定します。

  3. キャンペーンのスケジュールを設定し、アクティブ化します。

ステータス/プログラム成功のためのスマートキャンペーンの作成

ユーザーのステータスを変更するには、2 つ目のスマートキャンペーンが必要です。これにより、ユーザーはプログラムの成功を達成し、売上高アトリビューションの計算に含めることができます。

  1. Fills Out Form トリガーで、クエリー文字列にプログラム名を入力します。 プログラムを複製する場合は、古いクエリー文字列名を新しい名前に置き換えます。

  2. フローステップを作成して、ステータスをプログラムの成功に関連付けられたステータスに変更します。

    メモ

    上記の例は、を示しています。 Converted​ですが、これはステータスや成功の値によって異なります。

  3. キャンペーンのスケジュールを設定し、アクティブ化します。

広告の作成

プログラムとキャンペーンを設定したら、新しい広告を作成します。

  1. チャネルに移動します。例:LinkedIn、Facebook

  2. 新しい広告を作成します。

  3. キャンペーンのコールトゥアクションの宛先として、Marketoのランディングページを選択します。

  4. URL にクエリー文字列を追加します。

    メモ

    設定したすべての情報を実際の URL に追加する方法を次に示します。 項目はアンパサンド (&) で区切られます。

    www.marketo.com?**source**=Social-Paid&**comment**=Social-Paid_Facebook_NewGuide_NA&**camp**=abc&**kk=**​xyz

    • source は、チャネル識別子として使用されるユーザーソースです
    • コメント は、各プログラムに対して作成される一意の識別子です。
    • キャンプ は、Facebook、LinkedInまたはGoogleのキャンペーンです。
    • kk は、取り込むキーワードまたはアセット名です。

    これら 4 つの用語はすべて小文字にする必要があり、URL にこの情報を取り込むためのスペースを含めることはできません。

ベスト プラクティス

1 つのチャネルタグを使用してすべてのデジタル広告を表すか、他のマーケティングチャネル(ソーシャル有料、検索有料、ディスプレイ、リターゲティングなど)とより詳細に比較したい場合は複数のチャネルタグを使用します。

次に、必要なレポート表示ごとに異なるプログラムを設定します。 「Big Campaign」を起動する 10 の地域があり、複数の地域で結果を表示できるようにする場合は、クエリ文字列で、URL(BC など)のパラメーターとして共通 ID を使用します。

各地域とビッグキャンペーンの全体の結果を報告する場合は、11 のプログラムを作成します。各地域に 1 つ、ビッグキャンペーンに 1 つです。 各プログラムは、クエリー文字列(BC など)の関連する文字のみを参照します。

ビッグキャンペーンと地域プログラムの間には意図的な重複が存在するので、11 のプログラムの総人数を報告する必要はありません。ビッグキャンペーンと地域プログラムの両方に含まれる人々がいるからです。

このページ