ユーザーとライセンスの管理

最終更新日: 2023-10-19

ユーザーを追加および削除したり現在のライセンスを表示したりする方法を説明します。

ユーザーの追加

  1. 管理者」領域に移動します。

  2. インタラクティブウェビナー」をクリックします。

  3. ユーザーを追加 / 削除」をクリックします。

  4. 使用可能なユーザードロップダウンをクリックし、追加するユーザーを選択して、「OK」をクリックします。

ユーザーの削除

  1. 管理者」領域に移動します。

  2. インタラクティブウェビナー」をクリックします。

  3. ユーザーを追加 / 削除」をクリックします。

  4. 削除するユーザーをハイライト表示し、キーボードの Delete キーを押します。終了したら、「OK」をクリックします。

ライセンス使用状況

インタラクティブ Web セミナーは、Adobe Connectを活用したイベントを作成するための特定のライセンスを提供しています。 ライセンスが追加されるたびに、新しいライセンス使用状況ボックスが表示されます。Marketo 管理者は、以下の手順に従って、ライセンスを表示(編集ではなく)できます。アドビのアカウントチーム(担当のアカウントマネージャー)に問い合わせて、追加のライセンスを取得します。

  1. 管理者」領域に移動します。

  2. インタラクティブウェビナー」をクリックします。

  3. ライセンス使用状況カードまでスクロールします。

開始日 ライセンスが開始する日付。
有効期限 ライセンスの期限が切れる日付。
タイプ 購入したライセンスのタイプ。共有イベントライセンス、共有ルームライセンス、追加のストレージライセンスの 3 つのタイプを使用できます。
イベントのキャパシティ イベントに参加できる参加者の最大数。
合計イベント数 このライセンスでプロビジョニングされたイベントの合計数。
消費済みイベント 完了したイベントの合計数。
ストレージ容量 記録、資料、ヒーロー画像、ドキュメントおよびその他のアセットの格納に使用できるストレージ容量。

注意事項

  • 「追加のストレージライセンス」タイプはストレージを提供するだけなので、ストレージ容量​以外の​各フィールドの値は、シンプルに「-」としてリストされます。

  • 「共有ルームライセンス」タイプには無制限のイベントがあり、「追加のストレージライセンス」はストレージを提供するだけなので、これらのライセンスの「合計イベント数」フィールドは、シンプルに「-」としてリストされます。

  • イベントが作成されるといつでも、それぞれのライセンスから「消費済み」としてカウントされます(共有ルームライセンスの場合を除く)。同じ容量の「共有イベントライセンス」と「共有ルームライセンス」がある場合、環境設定は「共有イベントライセンス」に対して適用されます。 イベントが配信されず、スケジュールされた時間より前にイベントプログラムが削除される場合、イベント数は、消費済みイベントからイベントを差し引くことで補充されます。

  • ライセンスを使い果たしたら、そのタイルは、管理者セクションのインタラクティブウェビナー画面上に残り、同じ値の「合計イベント数」および「消費済みイベント」が表示されます。ライセンスの期限が切れた場合のみ、画面から削除されます。

ユーザアクセス

インタラクティブ Web セミナーには、インタラクティブ Web セミナーを作成および配信する権限をMarketo Engageユーザーに与えることで、使用を規制する機能があります。 ただし、インタラクティブなウェビナーユーザー(または非ユーザー)は、他のユーザーが作成したインタラクティブなウェビナーイベントプログラムに対する読み取り/編集アクセス権を持つことができます。

Marketoのユーザーは、インタラクティブ Webinars の権限を付与され、特定のインタラクティブ Webinars イベントプログラムの所有者である場合、そのプログラムに関連するすべてのインタラクティブ Webinar 機能を実行できます。 これには、そのプログラムの作成、アクセス、変更、複製、移動、削除が含まれます。 ただし、そのユーザーがインタラクティブなウェビナーユーザーでなくなると、プログラムの所有者はプログラムにアクセスし、移動できますが、他の機能は実行できません。

Marketoのユーザーで、インタラクティブ Web セミナーの権限を付与され、 not 特定のインタラクティブウェビナーイベントプログラムの所有者は、それらのプログラムで限られた機能を実行できます。 Marketoの管理者以外のユーザーは、プログラムにアクセスして複製できますが、インタラクティブウェビナーに対する権限を持っている場合は、他の機能を実行することはできません。 ただし、Marketoの管理者ユーザーは will (インタラクティブ Web セミナーの権限を持っている限り)そのプログラムへのアクセス、変更、複製、移動、削除など、すべての機能を実行できます。 Marketo管理者および非管理者ユーザーに対してこの権限が取り消されると、インタラクティブなウェビナーイベントプログラムにのみアクセスでき、他の機能を実行できなくなります。

アクション可能な関数の制限は、灰色表示のアクションボタンとホバーメッセージで示されます。 灰色表示のアクションボタンの例としては、「Design Your Webinar」や「Enter Your Webinar」があります。 アクションにつながることのできない関数の場合は、制限をハイライトするメッセージが表示されます。 以下の例を参照してください。

このページ