Zoom を使用したイベントの作成

必要条件

まず、Zoom でウェビナーを作成します。Zoom の作成機能の設定には、Marketo で使用されるものと、Zoom でのみ使用されるものがあります。

Marketo イベントプログラムを作成して Zoom ウェビナーを関連付けると、システムは登録情報と出席情報を共有できるようになります。ウェビナーの作成については、ウェビナーの基本操作を参照してください。

ウェビナーに関する次の情報を入力すると、アダプターを介して Marketo に取り込まれます。この情報に変更を加えた場合、Marketo で変更を表示するには、「イベントアクション」の下の「ウェビナープロバイダーを更新」リンクをクリックする必要があります。

タイトルと説明

  • ウェビナー名 — ウェビナーの名前を入力します。この名前が Marketo で表示されます。

  • 説明(オプション) - ウェビナーの説明を入力します。説明はMarketoで表示できます。

日時

  • 開催日 – 開催日を入力します。Marketo で表示されます。

  • 開催時間 – 開始時間を入力します。Marketo で表示されます。

  • 所要時間 – 所要時間を入力します。開始時間と終了時間は Marketo で表示されます。

  • タイムゾーン – 該当するタイムゾーンを選択します。Marketo で表示されます。

  • 定期ミーティング – チェックは外したままにします。

  • 登録 – このボックスにチェックを入れて、登録を必須にします。Marketo のフォーム/ランディングページを使用して、Zoom にプッシュされる登録情報を取り込みます。

メモ

Marketo は現在、定期的なウェビナーをサポートしていません。各 Marketo イベントと Zoom ウェビナーの間に 1 つのセッションを設定する必要があります。

ヒント

Zoom には、連携に影響を与えないように設定するフィールドが追加されています。これらのフィールドの詳細については、Zoom ウェビナーヘルプセンターを参照してください。

それでは、Marketo に移動しましょう。

  1. イベントを選択します。「イベントアクション」から、「イベント設定」を選択します。

    メモ

    選択したイベントプログラムのチャネルは​ウェビナー​である必要があります。

  2. イベントパートナー​一覧から「Zoom」を選択します。

  3. イベントを関連付ける Zoom アカウントを選択します。

  4. ウェビナーを選択します。

  5. 保存」をクリックします。

    これで完了です。イベントは Zoom と同期されました。

    メモ

    Marketo が送信するフィールドは、姓、名、メールアドレスです。

    ヒント

    登録後の確認メールに Zoom ウェビナー毎の固有 URL を挿入するには、メールに {{member.webinar url}} トークンを使います。このトークンは各リード固有の URL に自動的に変換されます。
    配信停止やマーケティング中断したリードにも届くように、確認メールは​オペレーショナル​メールに設定してください。

    ウェビナーに新規登録したリードは、新規ステータスが「登録」に設定されたときに、プログラムステータスを変更​フローステップによってウェビナープロバイダー(Zoom)にプッシュされます。その他のステータスではプッシュされません。また、プログラムステータスを変更​フローステップ #1 と​メールを送信​フローステップ #2 を必ず設定してください。

    注意

    ネストされたメールプログラムを使用して確認メールを送信しないでください。代わりに、上に示しているように、イベントプログラムのスマートキャンペーンを使用します。

    ヒント

    Marketo にデータが表示されるまでには、最大 48 時間かかる場合があります。48 時間待っても何も表示されない場合は、イベントの「概要」タブの「イベントアクション」メニューから「ウェビナープロバイダーから更新」を選択してください。

このページ