例ON24イベント統合

以下は、キャンペーンを含むON24ウェビナーのサンプルイベントです。 イベントを構築する場合は、キャンペーンを実行する前に必ずテストしてください。

マーケティングアクティビティでの新しいイベントの作成

  1. 新規/新規プログラム」を選択します。

  2. イベントが存在する​キャンペーンフォルダー​を選択します。

  3. イベントの​名前​を入力します。

  4. イベント」を「プログラムタイプ」として選択します。

  5. イベントの​チャネルー​として、ウェビナー​を選択します。

  6. 作成」をクリックします。

招待(バッチキャンペーン)

  • スマートリスト -イベントに招待するユーザーを定義します。

  • フロー

    • 電子メールを送信 — ローカルアセットの電子メールの場合、命名には次の規則が適用されます。EventName.EmailName。 グローバル電子メールを使用することもできます。
    • 進行状況の変更 — ウェビナー/招待に設定します。
  • スケジュール — 招待を送信する日付を設定します。

登録/確認(トリガーキャンペーン)

  • スマートリスト

    • Fills Out Form​に基づいてキャンペーンをトリガーします。 制約​を使用して、フォームが存在するランディングページを必ず含めてください。特に、フォームが複数のランディングページで使用されている場合には、その制約追加を使用します。
注意

登録データをMarketoにプッシュするには、Marketoのフォームを使用してイベント用にユーザーを登録するか、Marketo以外のフォームを適切なAPI統合と共に使用する必要があります。 これは、イベントパートナーの統合を成功させるうえで重要です。 :Marketo以外のランディングページでMarketoフォームを使用している場合、トリガーは「フォーム名を使用して フォームを 入力」になります。

  • フロー

    • 進行状況の変更 — ウェビナー/登録済に設定します。注意:このフローステップは、子キャンペーンを設定する場合に必要です。人の進行状況のステータスが​登録済み​に変わると、Marketoは登録情報をON24にプッシュします。

    • 電子メールの送信 — 確認の電子メール(登録を取り消したユーザーがまだ受け取っていることを ​「操作」に設定)。

:登録エラーが発生して返品された場合、そのユーザーは電子メールの確認を受け取りません。

リマインダー(バッチキャンペーン)

  • スマートリスト — プログラムの メンバを使用してフィルタ ーし、状態を 登録済み

  • フロー — 電子メール(リマインダーの電子メール)を送信します。

:同様のキャンペーンを使用して、招待されたがまだ登録していない人に ** 異なるフォローアップ電子メールを送信できます。

フォローアップキャンペーン(バッチまたはトリガーキャンペーン)

  • スマートリスト -プログラムステータスの変更に基づくトリガー。

  • フロー — 電子メールを送信します。選択肢を使用して、プログラムステータスに基づいて異なる電子メールを送信します。

このページ