Adobe Connectとのイベントの作成

Adobe Connectとの同期により、Marketo内でのウェビナーの登録と出欠の管理が可能になり、エンゲージメントが追跡されないようになります。

まず、Adobe Connectで会議またはセミナーを作成済みであることを確認してください。 ヘルプが必要な場合は、『Adobe Connectユーザガイド』を参照してください。

Adobe Connectで作成するミーティングとセミナーは、Marketoで資格情報を入力したときに指定したフォルダーの下に作成する必要があります。 会議やセミナーを作成した後、確認用の電子メールやICSファイルで使用する、関連するロジスティック情報(電話番号など)をメモしておきます。

注意

イベントホストは必ずアプリ内から参加し、出席者に送信されるリンクを介して​**​**​に参加しないでください。

メモ

現時点では、Adobe Connectオンサイトをサポートしていません。

  1. 新しいイベントのホームで、「イベントアクション」を選択し、「イベント設定」を選択します。

    メモ

    ドロップダウンに​イベント設定​が表示されない場合は、イベントのチャネルーで、「適用先」で「ウェビナー​**」が選択された**​イベントがあることを確認してください。

  2. イベントパートナー​の下で、Adobe Connect​を選択します。

  3. ログイン IDを選択し、イベント​を選択します。

  4. 保存」をクリックします。

    ナイス! Adobe Connectイベントは、Marketoイベントと同期されました。

    メモ

    Marketoが送り込むフィールドは次のとおりです。名、姓、電子メールアドレス。

    ヒント

    ユーザー固有のURLを電子メールに挿入するには、次のトークンを使用します。{{member.webinar url}}. 電子メールが送信されると、このトークンは、Adobe Connectからのユーザー固有の確認URLを自動的に解決します。

    確認の電子メールを​操作​に設定し、登録済みで登録を取り消している可能性のあるユーザーが、確認情報を引き続き受け取るようにします。

    ウェビナーにサインアップした人は、「新しいステータス」が「登録済み」に設定されている場合に、プログラムステータスの変更フローステップを通じてウェビナーのプロバイダーにプッシュされます。 その他の状態では、その人を押しのけることはありません。 また、プログラムステータスの変更のフロー手順#1と、電子メールの送信のフロー手順#2を必ず行ってください。

    注意

    確認電子メールを送信する際に、ネストされた電子メールプログラムを使用しないでください。 代わりに、イベントプログラムのスマートキャンペーンを使用します。

    ヒント

    データがMarketoに表示されるまで、最大48時間かかる場合があります。 それでも何も表示されない状態が続くまで待った後で、イベントの「概要」タブにある「イベントの操作」メニューから「ウェビナープロバイダーから更新」を選択します。

このページ