デフォルトの Veeva フィールドマッピング

Marketo Engageアカウントを Veeva と最初に同期すると、Marketoは組み込みの Veeva フィールドとMarketoフィールドの間でこれらの関連付けを自動的におこないます。 Marketoは、アカウントと連絡先のカスタムフィールドも同期します。

連絡先フィールド

SFDC フィールド Marketo フィールド
生年月日 生年月日
作成日 SFDC 作成日
連絡先の説明 顧客の注記
メール メールアドレス
勤務先 FAX FAX 番号
メールオプトアウト 登録解除済み
削除済み SFDC 削除済み
リードのソース ソース
リードのスコア スコア
MailingCity 市区町村
MailingCountry
MailingPostalCode 郵便番号
MailingState 都道府県
MailingStreet 住所
携帯電話 携帯電話番号
勤務先電話 電話番号
敬称 敬称
職位 職位

アカウントフィールド

SFDC フィールド Marketo フィールド
年間売上高 年間売上高
請求先住所 (市区町村) 請求先住所 (市区町村)
請求先住所 (国) 請求先住所 (国)
請求先住所 (郵便番号) 請求先住所 (郵便番号)
請求先住所 (都道府県) 請求先住所 (都道府県)
請求先住所(番地) 請求先住所
アカウントの説明 企業注記
業界 業界
削除済み SFDC 削除済み
アカウント名 企業名
従業員 従業員数
アカウントの電話 代表電話
SIC コード SIC コード
アカウントサイト サイト
アカウントタイプ SFDC のタイプ
Web サイト Web サイト

これらのフィールドはMarketoで作成されますが、お客様が調整することはできません。

フィールド 説明
Veeva Id 18 文字の Salesforce ID
Veeva タイプ 連絡先. 空の場合、リードは Marketo にのみ存在します
Veeva 作成日 SFDC で作成された日付(Marketo で作成された日付とは異なる場合があります)
Veeva が削除されました 以前は SFDC に存在したが、削除され、現在は Marketo にしか存在しない個人

このページ