手順 1/3:Marketoフィールドを Veeva CRM に追加

必要条件

Veeva CRM インスタンスが Salesforce API にアクセスして、Marketo Engageと Veeva CRM の間でデータを同期する必要があります。

Marketo Engageは、一連のフィールドを使用して、特定の種類のマーケティング関連情報を取り込みます。 Veeva CRM でこのデータを使用したい場合は、以下の手順に従ってください。

1. 連絡先オブジェクト上の Veeva CRM にカスタムフィールドを作成します。スコア

2. 必要に応じて、追加のフィールドを作成できます(以下の表を参照)。

これらのカスタムフィールドはすべてオプションで、Marketo Engageと Veeva CRM を同期するのに必須ではありません。

Marketoフィールドを Veeva CRM に追加

上記の Veeva CRM で、リードおよび連絡先オブジェクトにカスタムフィールドを追加します。 さらに追加する場合は、この節の最後にある使用可能フィールドのテーブルを参照してください。

「スコア」フィールドで次の手順を実行して、フィールドを追加します。

  1. Veeva CRM にログインし、 設定.

  2. 「オブジェクト」(Objects) と「フィールド」(Fields) をクリックし、「オブジェクトマネージャ」(Object Manager) を選択します。

  3. 検索バーで、「連絡先」を検索します。

  4. [ 連絡先 ] オブジェクトをクリックします。

  5. [ フィールドと関係 ] を選択します。

  6. 新規」をクリックします。

  7. 適切なフィールドタイプを選択します(「スコア — 数値」の場合)。

  8. 次へ」をクリックします。

  9. 次の表に示すように、フィールドの「フィールドラベル」、「長さ」、「フィールド名」を入力します。

フィールドラベル フィールド名 データタイプ フィールド属性
スコア mkto71_Lead_Score 数字 長さ 10
小数点以下桁数 0
メモ

Veeva CRM は、API 名の作成に使用する際に__c をフィールド名に追加します。

メモ

テキストフィールドと数値フィールドには長さが必要ですが、日付/時間フィールドには必要ありません。説明はオプションです。

  1. 次へ」をクリックします。

  2. アクセス設定を指定し、 次へ.

  3. すべてのロールを「表示」および「読み取り専用」に設定します。

  4. 同期ユーザーのプロファイルの読み取り専用のチェックをオフにします。

  • システム管理者のプロファイルを同期ユーザーとして持つユーザーがいる場合は、次に示すように、システム管理者プロファイルの [ 読み取り専用 ] チェックボックスをオフにします。

  • 同期ユーザーのカスタムプロファイルを作成した場合は、そのカスタムプロファイルの「読み取り専用」チェックボックスをオフにします。

  1. フィールドを表示するページレイアウトを選択します。

  2. 保存して新規作成」をクリックして戻り、他の 2 つのカスタムフィールドのそれぞれを作成します。

  3. クリック 保存 3 つ全てが終わった時

メモ

フィールドを連絡先オブジェクトに追加することで、担当者アカウントオブジェクトにも追加されます。

オプション:以下の表の追加のカスタムフィールドに対して、上記の手順を実行します。

フィールドラベル フィールド名 データタイプ フィールド属性
推測される市区町村 mkto71_Inferred_City テキスト 長さ 255
推測される企業 mkto71_Inferred_Company テキスト 長さ 255
推測される国 mkto71_Inferred_Country テキスト 長さ 255
推測される都市圏 mkto71_Inferred_Metropolitan_Area テキスト 長さ 255
推測される市外局番 mkto71_Inferred_Phone_Area_Code テキスト 長さ 255
推測される郵便番号 mkto71_Inferred_Postal_Code テキスト 長さ 255
推測される都道府県/地域 mkto71_Inferred_State_Region テキスト 長さ 255
メモ

Marketoによって自動的に割り当てられるフィールド内の値は、新しいフィールドが作成されたときに Veeva CRM ですぐに使用できるわけではありません。 Marketoは、次にいずれかのシステムのレコードを更新すると ( つまり、Marketoと Veeva CRM の間で同期されているフィールドのいずれかを更新する )、データを Veeva CRM に同期します。

このページ