手順3/3:Microsoft DynamicsをMarketoと接続(オンライン)

これが同期の最後のステップです。 もう少しで着く!

メモ

必要な管理者権限

Dynamics Syncユーザー情報を入力

  1. Marketoにログインし、管理者​をクリックします。

  2. CRM​をクリックします。

  3. Microsoft」を選択します。

  4. 手順1の「​編集​」をクリックします。資格情報​を入力します。

    注意

    送信後のスキーマの変更を元に戻すことができないため、資格情報が正しいことを確認してください。 正しくない資格情報が保存された場合は、新しいMarketo購読を取得する必要があります。

  5. ユーザー名パスワード、Microsoft Dynamics URL​を入力します。 終了したら「保存」をクリックします。

    メモ
    • 2020年10月より前にMarketoがプロビジョニングされていた場合、クライアントIDとシークレットはオプションのフィールドです。 それ以外の場合は、必須です。 この情報の取得は、使用しているMSDのバージョンによって異なります。
    • Marketoのユーザー名は、CRMの同期ユーザーのユーザー名と一致する必要があります。 user@domain.comまたはDOMAIN\userの形式を使用できます。
    • URLがわからない場合は、URLを見つける方法をに学びます。

同期するフィールドの選択

  1. 手順2:「同期するフィールド」を選択します。

  2. Marketoと同期するフィールドを選択して、事前に選択されるようにします。 「保存」をクリックします。

メモ

Marketoは、同期するフィールドへの参照を保存します。 Dynamicsでフィールドを削除する場合は、同期が無効の状態で削除することをお勧めします。 次に、同期するフィールドを選択を編集して保存し、Marketoのスキーマを更新します。

カスタムフィルターのフィールドを同期

カスタムフィルターを作成した場合は、に進み、Marketoと同期する新しいフィールドを選択してください。

  1. 管理者に移動し、Microsoft Dynamics​を選択します。

  2. 「フィールドの同期の詳細」で「編集」をクリックします。

  3. フィールドまで下にスクロールし、チェックします。 実際の名前はnew_synctomktoにする必要がありますが、表示名は任意の名前にすることができます。 「保存」をクリックします。

同期の有効化

  1. 手順3の​編集​をクリックします。同期​を有効にします。

    注意

    Marketoは、Microsoft Dynamicsの同期に対する重複を自動的に排除しません。また、ユーザーやリードを手動で入力した場合も同様です。

  2. ポップアップの内容をすべて読み、電子メールアドレスを入力し、開始同期​をクリックします。

  3. 最初の同期には数時間かかる場合があります。 完了すると、電子メール通知が届きます。

素晴らしい仕事!

このページ