手順 1/4:リソース所有者のパスワード制御接続を使用した Marketo ソリューションのインストール

最終更新日: 2023-11-17

Microsoft Dynamics 365 とMarketo Engageを同期する前に、まずMarketoソリューションを Dynamics にインストールする必要があります。 Dynamics 管理権限が必要です.

注意
  • 初期同期が完了する前にカスタムエンティティの同期を有効にしないでください。初回同期が完了すると、電子メールで通知されます。
  • Dynamics Sync で多要素認証(MFA)を有効にしている場合、Dynamics が Marketo と正しく同期するには、無効にする必要があります。詳しくは、 Marketoサポート.
メモ

Marketo を CRM に同期した後は、インスタンスを置き換えないと、新しい同期を実行できません。

  1. Microsoft Office 365.にログインします。

  2. メニューをクリックして、「CRM」を選択します。

  3. メニューをクリックします。ドロップダウンメニューで、設定ソリューション​を選択します。

  4. インポート」をクリックします。

  5. ファイルを選択」をクリックします。ダウンロードした Marketo リード管理ソリューションを選択します。「次へ」をクリックします。

  6. ソリューション情報を表示し、「ソリューションパッケージ詳細を表示」をクリックします。

  7. すべての詳細を確認したら、「閉じる」をクリックします。

  8. 次に、ソリューション情報ページに戻り、「次へ」をクリックします。

  9. 「SDK オプション」のチェックがオンになっていることを確認します。「インポート」をクリックします。

    ヒント

    インストールプロセスを完了するには、ブラウザーでポップアップを有効にする必要があります。

  10. インポートが完了するまで待ちます。ストレッチでもしながらお待ちください。

  11. 閉じる」をクリックします。

    メモ

    「Marketo Lead Management completed with warning」というメッセージが表示される場合があります。これは十分予期されているものです。

  12. 「Marketo Lead Management」がソリューションのリストに表示されます。

  13. 選択 Marketoリード管理 をクリックします。 すべてのカスタマイズを公開.

    お疲れさまでした。インストールが完了しました。

このページ