アプリを Azure に登録してクライアント ID/アプリ ID を取得

Azure Active Directory は、オンプレミスのディレクトリをクラウドに拡張し、オンプレミスの ADFS 認証を備えた MS Dynamics 365 CRM をサポートします。

新しいアプリの登録

  1. ログイン管理者権限を持つアカウントを使用して、 をMicrosoft Azure 管理ポータルに移動します。 また、左側のナビゲーションパネルの「管理者」項目を展開し、「Azure AD」を選択して、Office 365 Admin Center から Microsoft Azure ポータルにアクセスすることもできます。

    注意

    アプリの登録先と同じ Office 365 サブスクリプションのアカウントを使用する必要があります。

    メモ

    Azure アカウントをお持ちでない場合は、 サインアップ (1 つ)。 詳しくは、Microsoft のドキュメントを参照するか、Microsoft の担当者にお問い合わせください。Azure アカウントを作成したら、以下の手順を使用して 1 つ以上のアプリを登録できます。

    Azure アカウントをお持ちの場合、Microsoft Dynamics 365 で Office 365 サブスクリプションを Azure サブスクリプションで利用できない場合は、以下の手順に従ってください これらの手順 を使用して 2 つのアカウントを関連付けます。

  2. 左側のナビゲーションパネルで、「Azure Active Directory」を検索してクリックします。

  3. 「管理」で、「アプリの登録」をクリックします。

  4. ページの上部にある「新規登録」をクリックします。

  5. アプリ名を入力し、適切なアカウントタイプを選択して、リダイレクト URL を入力します。次に、ページの下部にある「登録」をクリックします。

  6. これで、アプリが「アプリの登録」タブに表示されます。

アプリの権限の設定

  1. Active Directory の「アプリの登録」タブで、権限を設定するアプリをクリックします。

  2. 「管理」で、「API 権限」をクリックします。

  3. 権限を追加」ボタンをクリックします。

  4. Dynamics CRM」を選択します。

  5. 組織ユーザーとして共通データサービスにアクセスする」チェックボックスにチェックを入れ、「権限を追加する」をクリックします。

  6. 権限が正常に追加されたら、少なくとも 10 秒待ちます。

  7. 管理者の同意を付与」ボタンをクリックします。

  8. はい」をクリックして確認します。

    これで完了です。

このページ