Microsoft Dynamics MSI 向けプラグインリリース

Microsoft Dynamics に初めて同期するときは、Marketo Sales Insight(MSI)用の最新バージョンのプラグインをダウンロードしてインストールします。Marketo は定期的にこれらのプラグインを更新するので、同じ場所に戻って新しいバージョンをダウンロードできます。

Marketoのネイティブ CRM 同期ソリューションを Dynamics に使用している場合は、 最新のプラグインのダウンロード は、Dynamics リリースに対応しています。 カスタム同期をおこない、Marketo Sales Insight を購入済みの場合、 パッケージはここにあります

メモ

これらのバージョンは、Dynamics のオンプレミスバージョンとオンラインバージョンの両方で機能します。

MSI ソリューションのアップグレード

  1. Dynamics の「インポート」ボタンを押して、Dynamics CRM の​既存のバージョンに​最新バージョンのソリューションをインポートします。

メモ

例:Dynamics CRM のバージョンが 2.0.0.20 で、最新バージョンが 2.0.0.21 の場合は、2.0.0.20 以降​のバージョンをインポートします。

  1. 次へ」をクリックします。

  2. アップグレードのステージ」および「カスタマイズを維持」を選択し、「インポート」をクリックします。

  3. 次へ」をクリックします。

  4. インポートが正常に完了すると、MarketoSalesInsight と MarketoSalesInsight_Upgrade の 2 つの MSI ソリューションが表示されます。古いソリューションを選択し、「ソリューションアップグレードを適用」をクリックします。

これで完了です。アップグレード後は、1 つの MSI ソリューションのみが表示されます。

バージョンの更新

リリース日 バージョン 注意
02/03/22 2.0.0.27 インサイト用のアカウントレイアウト:注目のアクション、スコアの変更、Web アクティビティ、E メールアクティビティ
01/05/22 2.0.0.26 送信メール用のプログラム採用スコア
10/28/21 2.0.0.25 製品採用スコア指標、新しいグローバルダッシュボード(Web アクティビティ、E メール、最適)
02/10/21 2.0.0.22 自動監査を削除し、MSI ソリューションのドキュメントの変更を削除します
10/01/20 2.0.0.21 バグ修正:Sales Insight の役割を持つユーザーの MSI API 設定フィールドへのアクセスの割り当て
2020/07/20 2.0.0.20 バグ修正:非同期レコードの検証メッセージを追加
2020/06/12 2.0.0.19 バグ修正:MSD API 設定で MSI シークレットパスワードを非表示に
2020/05/26 2.0.0.18 バグ修正:「MSI」ボタンを表示するために MSI 役割 ID の検証を変更
2020/05/21 2.0.0.17 バグ修正:所有者フィールドを再表示し、フィールドを必須にしないように設定
2020/04/28 2.0.0.16 バグ修正:MSD CRM サイトマップ設定のリンク依存関係を削除

このページ