Dynamics 検証同期に対する問題の修正

同期ツールの結果を検証

[Dynamics 同期の検証 ] を実行すると、レポートが生成されます。 この x 手順の横にある以下のオプションを参照して、問題を特定して修正します。 次に、結果に緑のチェックマーク以外が表示されるまで同期検証手順を再実行します。

URL が有効です

次の場合、 x ここで、URL が有効であることを確認します。 開発者向けリソースのここにあり、組織サービスを参照してください。 この URL は、多くの理由で無効になっている可能性があります。

  1. Dynamics にログインします。 設定アイコンをクリックし、「 詳細設定.

  2. 設定をクリックし、 カスタマイズ.

  3. クリック 開発者リソース.

  4. 組織サービスの URL は、「サービスエンドポイント」の下に表示されます。

ユーザ名とパスワードが有効です

次の場合、 x ここで、Microsoft Dynamics の資格情報が有効であることを確認します。 Web API S2S 認証の場合、Marketoのユーザー名は 電子メールアドレス 」と入力します。 他のタイプの場合は、Sync User のユーザー名と一致する必要があります。

同期ユーザーがMarketo同期ユーザーロールに割り当てられています

次の場合、 x ここでは、以下の 3 つの問題の 1 つになる可能性があります。

オプション 1 - Microsoft Dynamics でMarketo Sync ユーザーの役割がオンになっていることを確認します:

  1. Dynamics で、設定アイコンをクリックし、 詳細設定.

  2. クリック 設定 を選択し、 セキュリティ.

  3. クリック ユーザー。

  4. 同期ユーザーのリンクをクリックします。

  5. クリック 役割の管理.

  6. 「 Marketo同期ユーザー」の役割がオンになっていることを確認します。 そうでない場合は、チェックし、 はい。

オプション 2 — 許可の同意を確認:

  1. 以下を確認します。 クライアント ID とアプリ登録に対する同意の付与 :アプリが API を呼び出す管理者の同意を得ていることを確認します。

オプション 3 — ユーザーの同期:

  1. 「同期ユーザー」がMarketo設定に追加されていることを確認します。

Marketo ソリューションが正常にインストールされました

次の場合、 x ここで、Microsoft Dynamics に移動して、Marketoのインストールが完了していることを確認します。 Microsoft Dynamics セットアップドキュメントの手順 1 を参照してください。

  1. Dynamics で、設定アイコンをクリックし、 詳細設定.

  2. クリック 設定 を選択し、 ソリューション

  3. 解決策が表示されることを確認します。

ソリューションのすべてのステップが有効です

次の場合、 x ここで、デフォルトの手順が無効になっていないことを確認します。 すべての手順はインストール時に自動的に有効になりますが、カスタマイズ時に無効にすることができます。

同期ユーザが Marketo ソリューションに割り当てられています

次の場合、 x ここでは、Microsoft Dynamics のMarketoデフォルトページで同期ユーザーが割り当てられていることを確認します。

  1. Dynamics で、設定アイコンをクリックし、 詳細設定.

  2. クリック 設定 を選択し、 Marketo Config.

  3. 同期ユーザーがデフォルトとして割り当てられていることを確認します。

同期ユーザがユーザ名とパスワードに一致します

次の場合、 x ここでは、Microsoft Dynamics の「 Marketo設定のデフォルト設定」手順の「 Marketoユーザー」フィールドで、適切な同期ユーザーを割り当ててください。

このページ