電子メールアドレスのカスタム同期フィルター規則

電子メールアドレスを持たないレコードを同期しないようにするには、次のルールに従います。

  • リードが作成されたOR時に、リードの電子メールアドレスフィールドが更新された場合は、リードに電子メールアドレスが含まれているかどうかを確認し、含まれている場合は、Sync to Mkto True​に変更します。 それ以外の場合は​False​に変更します。

  • 連絡先が作成されたOR時に、連絡先の電子メールアドレスフィールドが更新された場合は、連絡先に電子メールアドレスが含まれているかどうかを確認し、含まれている場合は、SyncをMkto True​に変更し、Sync to Mkto True​に変更します。 それ以外の場合は、False​に変更します。

  • 連絡先の会社名(parentcustomerid)フィールドが更新された場合は、連絡先の「Mktoと同期」フィールドがtrueかどうかを確認します。 その場合は、アカウント上のSyncをMktoに変更して​True​にも変更します。

  • オポチュニティの潜在的な顧客(customerid)フィールドまたは連絡先(parentcontactid)が更新された場合、アカウントの「Sync to Mkto」フィールドがtrueか、連絡先の「Sync to Mkto」フィールドがtrueかを確認します。 同期が有効な場合は、オポチュニティ上でSyncをMktoに変更します。True​にも変更します。

このページ