メールアドレスのカスタム同期フィルタールール

最終更新日: 2023-10-25

メールアドレスのないレコードが同期されないようにするには、次のルールに従います。

  • リードが作成されたとき、またはリードの電子メールアドレスフィールドが更新されたときに、リードに電子メールアドレスがあるかどうかを確認し、ある場合は「Mkto に同期」をに変更します。 True. それ以外の場合は、 False.

  • 連絡先が作成されたとき、または連絡先の電子メールアドレスフィールドが更新されたときに、連絡先に電子メールアドレスがあるかどうかを確認し、ある場合は Mkto に同期を変更します True Mkto に同期を変更します。 True をアカウントレコードに追加します。 それ以外の場合は、 False.

  • 連絡先の「会社名 (parentcustomerid)」フィールドが更新された場合、その連絡先の「Mkto との同期」フィールドが true かどうかを確認します。 該当する場合は、アカウントの Mkto に同期を変更します。 True また、

  • 商談の [ 見込み顧客 (customerid)] フィールドまたは [ 取引先責任者 (parentcontactid)] が更新された場合、アカウントの [Mkto に同期 ] フィールドが true か、または取引先責任者の [Mkto に同期 ] フィールドが true かを確認します。 該当する場合は、商談の Mkto に同期を変更します。 True また、

このページ