重複した人物の検索と結合

Marketo は、新しい人物がシステムに入ると、自動的に重複排除します。ただし、CRM が最初に重複を Marketo に送信している可能性があります。結合する方法は以下のとおりです。

メモ

Marketo は、Salesforce や Microsoft Dynamics の同期や、人物を手動で入力した場合には、自動的に重複排除を行いません。

必要条件

重複の検索とマージには、組み込み/システムスマートリストを使用することになります。

重複を検索する

  1. データベース」領域に移動します。

    注意

    Salesforce の人物アカウントを使用している場合は、Marketo の人物の結合が機能しない場合があります。可能な場合は、Salesforce でレコードを結合してください。

  2. 重複の可能性」システムスマートリストを選択し、「人物」タブをクリックします。

    メモ

    また、カスタムロジックで重複する人物を検索することもできます。

人物を手動で結合する

注意

人物を結合する際に、敗者に Marketo のカスタムオブジェクトがあっても、勝者への再関連付けは​行われません。結合を実行する前に、カスタムオブジェクトの親の関連付けを再度行ってください。

  1. Ctrl/Cmd キーを押しながら重複を選択し、「人物を結合」をクリックします。

    ヒント

    同じ人物に対して 2 つ以上の重複が存在する場合があります。それらすべてを一度に選択します。

  2. レコード間で​一致しない​値が表示されます。各フィールドに保持する値を選択します。終了したら「結合」をクリックします。どちらの値も不要な場合は、「カスタム」にチェックを入れて任意の値を入力します。

    メモ

    人物を手動で結合する場合、最初に選択した人物が「勝者」になります。つまり、「人物」タブでレコード ID 198 と 199 を結合するときに、最初に 199 をクリックした場合、199 が結合された人のレコード ID になります。これは、2 つ以上のレコードが結合される場合にも当てはまります。

    ヒント

    結合は削除よりも適しています。すべての履歴(ページ訪問数、リンククリック数、メール開封数、フォームの入力数など)は維持されます。

Salesforce での効果

Salesforce と統合している場合、Salesforce のリードの結合の効果に関していくつかの注意事項があります。

  • リードのみまたは連絡先のみを結合する場合、通常の Salesforce ルールに従って結合されます。
  • リードと連絡先を結合する場合、通常の Salesforce ルールに従って結合する前に、すべてのリードが連絡先にコンバージョンされます。

リードまたは連絡先を結合する際の Salesforce の動作の詳細は、次の Salesforce ドキュメントを確認してください。

一括結合

重複が多すぎて手動で結合できない場合は、カスタマーサクセスマネージャーに問い合わせて、方法についてご相談ください。

完了です。CRM に接続している場合、以下のルールに従ってレコードが CRM に結合されます。

このページ