スマートリストのベストプラクティス

スマートリストは、マーケティングウィンドウで最も強力なクエリツールです。あなたが探している人々が魔法のようなスピードと簡単さで見つかります。

ユーザーが操作しやすく、パフォーマンスを最適化できるように、ベストプラクティスのリストを作成しました。これで、お試しいただくことができます。

メモ

顧客はすべて異なります。​データベースが大きいほど、処理が多くなります。保存したアクティビティが多いほど、アクティビティの検索にかかる時間が長くなります。

速度が低い場合は、以下のヒントを試してください。問題が解決しない場合は、Marketo サポートにお問い合わせ下さい。

  1. 履歴を制限する - 履歴フィルター(アクティビティフィルター)は、リソースを最も多く消費し、時間のかかる操作の 1 つです。使用する必要がある場合は、日付範囲をできるだけ短くして、検索可能なデータセットを減らします。
  2. ネストされたスマートリストを制限する - 新しいスマートリストを作成する場合は、使用する「スマートリストのメンバー」フィルターの量を制限します。これはスマートリストのネストと呼ばれ、参照される各スマートリストによって処理時間が長くなります。代わりに、静的リストを参照するか、セグメント化を活用します。
  3. 負の演算子よりも正の演算子を使用する -「not」フィルターは使用できますが、インスタンス内のデータセット全体が検索される必要があり、非常に時間がかかる場合があります。正の「is」フィルターでは、より効果的な検索アルゴリズムを活用できます。
  4. 「contains」を避ける - 部分的なデータのみがある場合、「starts with」修飾子は「contains」よりもはるかに高速に結果を生成します。「Is」はさらに速く実行されます。複数の値で「contains」を使用することは避けます。2 つが一緒になると、キャンペーンはさらに遅くなる可能性があります。
  5. 「ランダムサンプル」を単独で使用する -「ランダムサンプル」は特殊なフィルターです。単独で使用して、ユーザーを事前作成済みリストに配置します。次に、「リストのメンバー」を使用して、スマートリストを高速化します。「ランダムサンプル」はネストされたスマートリストでは機能​しません。「ランダムサンプル」フィルターは「スマートリストのメンバー」フィルターで参照されているスマートリストでは機能しません。
  6. 無操作状態のフィルターを倹約する -「未入力フォーム」などのフィルターは非常に役に立ちますが、より多くの処理能力が必要です。
  7. 複数値の貼り付けを倹約する - 複数選択は、数十個または数百個の値を貼り付けるように設計されています。ただし、多数貼り付けると、非常に低速になります。
  8. 制約の追加を倹約する - これらは、ルールと関連する値の小さな詳細です。制約を追加するほど、処理時間が長くなります。
  9. キャンペーンを簡素化する - 100 以上の独立した規則(実際に見たことがあります)があれば、明らかに処理に時間がかかるでしょう。シンプルに保つと、速度が向上します。さらに、理解しやすくなります。
  10. メールアドレスフィルターを使用する際は、ドメイン名の前に@記号を含める**** - これにより、クエリがより高速になります。例:email contains 'somedomain.com'​を使用するかわりに​email contains '@somedomain.com​を使用します。「contains」で複数のメールアドレスを使用している場合、すべて「@」で始まる必要があります。
ヒント

Marketo は様々な方法で使用できます。特定のテクニックはあなたとあなたのビジネスにとってより良いものです。投資を輝かせるために、Marketo Professional Services を検討してください。

このページ