トリガーキャンペーンの優先度の上書き

管理者は、Marketoが決定した優先度を上書きして、トリガー目標に合わせた優先度を設定できます。

メモ

この機能は、トリガーキャンペーンと、 「トリガーキャンペーンの優先順位の編集」権限.

注意

この機能は、限られたビジネスクリティカルなキャンペーンのセットで使用することを強くお勧めします(最大 25 が推奨されます)。 大きなセットで大まかに機能を使用すると、キャンペーンの実行全体に悪影響を与える可能性があります。

優先度上書きアクセスを許可

メモ

管理者または管理者の責任を持つユーザーのみが、キャンペーンの優先順位でアクセス権を上書きする必要があります。

  1. 内 管理者 領域、クリック ユーザーとロール.

  2. 次をクリック: 役割 」タブで、アクセスを許可するユーザーを選択し、 ロールの編集.

  3. の下 マーケティング活動にアクセスを選択します。 トリガーキャンペーン優先度の編集. 「保存」をクリックします。

優先順位の上書き

  1. トリガーキャンペーン 右クリックし、「 」を選択します。 キャンペーン優先度の上書き.

  2. 次をクリック: キャンペーン優先度の上書き スライダを使用して有効にします。 新しい優先度レベルを選択し、 確認.

    新しい優先度レベルが「スケジュール」タブに表示されます。

メモ
  • キャンペーンのデフォルトの優先度は、 キャンペーンキュー under マーケティング活動. 実行率を上げるには、キャンペーンの優先順位をデフォルトより 1 レベル高く設定することをお勧めします。
  • ユーザー設定の優先度は、キャンペーンの条件を満たす新規担当者にのみ適用されます。既にキューに入っている担当者は影響を受けません。
  • 優先度の上書きは、 監査証跡.

このページ