所有者の変更

このフローステップを使用して、既に所有者に割り当てられている人物を別の所有者に再割り当てできます。

使用方法

  1. 変更したい所有者もしくはリードのキューを選択します。

    注意

    Salesforce では連絡先をリードのキューに割り当てることはできません。SFDC 連絡先のレコードの場合:

    1. Marketo は、連絡先が Salesforce に同期された​場合のみ、リードを重複して作成します。つまり、リードを SFDC に同期​フローステップを AssignTo=<a lead queue> と共に使用すると、Marketo は Salesforce で重複したリードを作成し、リードキューに割り当てます。

    2. 次の 所有者の変更 連絡先に対するフローステップが発生した場合、Marketoは Salesforce に重複リードを作成します。 この問題を回避するには、「SFDC タイプ」フィールドで、アクションをリードのみに制限するフィルターを使用します。

    メモ

    レコードが Salesforce アカウントにまだ存在しない場合は、レコードが同期され、選択したユーザーに割り当てられます。

このページ