待機フロー手順での日付トークンの使用

待機フローステップを使用すると、スマートキャンペーンを介して、日付トークンを使用する特定の日付まで人のジャーニーを一時停止できます。 終了日は、日数によって変更することもできます。

メモ

これは、トリガーキャンペーンにのみ適用されます。 この機能はバッチキャンペーンでは使用できません。

  1. スマートキャンペーン​「フロー」タブで、待機​フローステップの上にドラッグします。

  2. 右側の歯車アイコンをクリックします。

  3. タイプ」ドロップダウンから、「日付トークン」を選択します。

  4. 日付トークンを選択して、待機ステップを終了するタイミングを指定します。

    • {{my._____}}
    • {{lead.______}}
    • {{company.______}}
    • {{system._______}}

  5. 現在または次の年に発生する日付の次の記念日まで待つには、チェックボックスをオンにします。

    ヒント

    このオプションは、誕生日や契約開始日など、過去の日付を参照する日付トークンに対して使用します。

  6. オプションで、終了日を指定した日数だけ変更できます。

    メモ

    整数フィールドを表す{{lead.または{{company.トークン、または数値型の{{my.トークンを使用して、日数を指定することもできます。

  7. 保存」をクリックします。

このページ