キャンペーンの実行

実行可能なキャンペーンには、他のキャンペーンと同様に、スマートリスト、フロー、スケジュールが含まれます。 他のキャンペーンとは異なり、実際にスケジュールを設定したりアクティブ化したりすることはありません。 別のキャンペーンから呼び出す場合は、キャンペーンの実行フローステップを使用する必要があります。 実行可能なキャンペーンのフローステップは、親キャンペーンと直列的に実行されます(別のトリガーキャンペーンで並行して実行されるリクエストキャンペーンとは異なります)。

メモ

実行可能なキャンペーンは、常に、呼び出す(親)キャンペーンの子です。

キャンペーンの実行を使用するタイミング

実行可能なキャンペーンでは、様々な操作を実行できます。 リードルーティング、ライフサイクル管理、スコアリングなど、一般的な運用タスクを容易にするように設計されており、バッチ内またはトリガーされたキャンペーン内から同じワークフローを実行できます。

また、別のフローを実行する必要がある場合にも使用できますが、後続のフローステップの選択でそのフローの結果に依存する必要があります(つまり、その場合は、その結果を実行します)。

キャンペーンの実行は、キャンペーンをリクエストの際に改善されます。これは、インシリーズまたは並行で実行できるのに対して、後者は並行して実行するだけです。

メモ

待機ステップとWebフックは、実行可能なキャンペーンとは互換性がありません。 その場合は、代わりにリクエストキャンペーンを使用する必要があります。

実行可能なキャンペーンの作成方法

  1. 目的のプログラムを右クリックし、「新しいスマートキャンペーン」を選択します。

  2. 名前を指定し、「実行可能ファイル」チェックボックスを選択して、「作成」をクリックします。

  3. 他のスマートキャンペーンと同様に、スマートリストとフローを定義します。

また、既存のスマートキャンペーンのクローンを作成することもできます。 既存の実行可能なキャンペーンを複製する場合、名前を付けた後で、「実行可能ファイル」チェックボックスをオンにする必要があります。

メモ

トリガーを含むキャンペーンのクローンはできません。

親キャンペーントークンコンテキストを使用

trueに設定した場合、次のトークンのコンテキストが子キャンペーンに送信されます(実行されるもの)。

  • マイ トークン
  • キャンペーントークン
  • プログラムトークン
  • メンバートークン
  • トリガートークン (トリガーされたキャンペーンから呼び出された場合)

APIインタラクション

API🔗でスケジュールまたはリクエストキャンペーンを使用する場合、両方を使用してマイトークンの値を渡すことができます。この値は、呼び出し元のキャンペーンで設定された値を上書きします。 その後、そのキャンペーンで別のキャンペーンを実行し、「親コンテキストを使用」を「True」に設定した場合、アプリケーションで設定された値ではなく、APIを介して渡された値が使用されます。

注意事項

  • スマートリストは、資格を持たないユーザーを除外します。 該当する場合、結果の実行済みキャンペーンアクティビティレコードには、「認定済み」と表示されます。TRUE」(そうでない場合はFALSE)
  • キャンペーン認定ルールのスケジュールを適用します(「スケジュール」タブの「スマートキャンペーン設定」)
  • 実行可能なキャンペーンは、ワークスペース全体で呼び出すことはできません
  • 実行可能なキャンペーンを対象としてフローから削除フローアクションを使用すると、子と親の両方をターゲットにします
  • トークンの継承の活用 — 例えば、複数の異なるアセットでトリガーされる単一の共通スコアフローがある場合、親キャンペーンの子スコアキャンペーン値を上書きできるよう、子キャンペーンと親キャンペーンでデフォルトのマイトークンスコアを定義できます(以下はビジュアルの例を参照)
  • 実行可能なキャンペーンは、最大3レベルまで呼び出すことができます(例:親キャンペーン/子/子)。
注意

実行可能なキャンペーン用のスマートリストを無効のままにしないでください。そうしないと、誰も​に該当しません。 個別のスマートリストアセットを作成し、完全に定義して、それらが有効であることを確認することをお勧めします。 次に、実行可能なキャンペーンで「スマートリストのメンバー」フィルターを使用して、スマートリスト定義を入れ替えることができます。

トークンの継承の例

以下に、1つの実行可能なキャンペーンと2つの親キャンペーンでのトークンの継承の視覚的な例を示します。1つはトークンコンテキストが​True​に設定され、もう1つは​False​に設定されます。

トークン化された変更スコアを持つ子キャンペーン。

子キャンペーンのマイトークン。

例1 - True

最初の親キャンペーンのキャンペーンフローの実行手順で、「親キャンペーントークンのコンテキストを使用」が​True​に設定されます。

親キャンペーンのマイトークン。

結果は次のとおりです。スコアが+10で変更されました。

例2:False

2つ目の親キャンペーンの「キャンペーンを実行」フィルターで、「親キャンペーントークンのコンテキストを使用」が​False​に設定されます。

親キャンペーンのマイトークン。

結果は次のとおりです。子キャンペーンのスコア値+0が使用されたので、スコアは変更されません。

このページ