プログラム内のマイトークンについて

トークンは、電子メール、ランディングページ、スマートキャンペーンで使用できる変数で、生活を容易にします。

「マイトークン」に加えて、プログラムに組み込みの任意のトークンを使用することもできます。 トークンの概要を調べます。

マイトークン

マイトークンは、誰でも作成できるカスタム変数です。 これらは、キャンペーンーフォルダーまたはプログラムーの作成されます。

マイトークンは次のように表示されます。{{my.Name Of Token}}

例:

  • {{my.Event Date}}
  • {{my.Webinar Speaker}}
トークンタイプ 詳細
カレンダーファイル -- このトークンを使用して、電子メールやランディングページにカレンダーイベントファイル(.ics)を追加します。

—

このトークンは日付値を保持します。 日付は、年 — 月 — 日(例: 2016-05-23)として表示されます。
メールスクリプト — このトークンを使用して、電子メールでVelocityスクリプトを実行します。 詳細こちら
数字 — 任意の整数。 否定的にもなる。
リッチ テキスト — これはHTMLです。 電子メールやランディングページで使用します。
スコア — このトークンは、変更スコアフロー手順で使用します。
SFDC キャンペーン — このトークンを使用すると、Marketoプログラムの一部となるリードを、SFDCキャンペーンが追加されたものにも追加できます。
テキスト — ただのテキスト。 HTMLが過剰殺しの場合に使用します。 テキストトークンのサイズ制限は、524,288文字(UTF-8)または2 MBです。
注意

Microsoft DynamicsまたはSalesforceのSales Insightから電子メールを送信すると、マイトークンが解決しません。標準のトークンのみが設定されます(リード、会社など)。 ただし、トークン​_のデフォルト値は_​機能します。

トークンのネスト

新しいトークンを作成すると、ツリー内の他のオブジェクトから参照できます。 管理を容易にするためにトークンが作成された場所の命名構造があります。

  • ローカルトークン: トークンは、そのプログラムーまたはフォルダーに直接作成されました。
  • 継承トークン:ト ークンは、ツリーの上位レベルのプログラムーまたはフォルダーに作成されました。
  • 上書きされたトークン:ト ークンが継承され、その後、誰かがこのプログラムーまたはフォルダーで例外を作成しました。

グローバル変数を作成し、ツリー内の下位レベルでそれらを上書きできます。

プログラムやフォルダの移動は、トークンにも影響します。 移動中に参照が壊れていないことを必ず確認してください。

メモ

エンゲージメントプログラムから送信した電子メールが、(エンゲージメントプログラムのローカルではなく)デフォルトのプログラムの子電子メールである場合、電子メールで使用されるマイトークンは、その子電子メールが存在するデフォルトのプログラムから解決されます。

このページ