タブレットからイベントへの人物のチェックイン

最終更新日: 2023-10-12

人物がイベントに参加したとき、アプリで人物の情報を確認できます。チェックイン後、Marketo と同期すると、参加済みステータスに昇格されます。

重要

2023 年 10 月 3 日に、Adobeは、すべてのアプリストアからMarketo Events App を削除しました。 既にタブレットやモバイルデバイスにアプリがインストールされている場合は、当分の間、アプリを引き続き使用できます。 Marketo EngageインスタンスをMarketoの認証用にAdobeID に移行すると、アプリにアクセスできなくなります。 詳細情報.

アプリケーションは、両方で同じように動作します iPad および Android(小規模なレイアウトとデザインの違いを除く)。

必要条件
  • Marketo でイベントを作成し、招待済みの人物および登録済みの人物を設定します。

登録ゲストのチェックイン

  1. 上のアプリアイコンをタップします。 iPad または Android タブレット。

  2. ログイン」をタップして、Marketo Event アプリを起動します。

  3. Marketo のユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

    メモ

    アプリ内の人物を表示するには、データベースへのアクセス権を持つ役割が必要です。

  4. イベント​を選択します。

    ヒント

    イベントプログラム(ウェビナーを除く)は、今日の日付の 1 週間前から 1 週間後までにスケジュールされているもののみ表示されます。

  5. ホーム画面で、登録済みゲストを参照して見つけます。リスト内の人物を検索するには、次の操作を実行します。

    • スクロールして名前を検索
    • 検索フィールドに名前を入力
    • リストの右側で、特定の姓の頭文字にジャンプ
    メモ

    同じ処理が iPad および Androidが異なる場合、画面が異なり、項目が異なる場所に存在する可能性があります。 この記事では、 iPad インターフェイス。 比較: Android 画面を参照してください。

    iPad

    Android

  6. 選択した名前をタップし、人物のレコードで「チェックイン」をタップします。

ゲストのステータスが「出席済み」になり、チェックマークが付きます。Marketo と同期すると、その人物のレコードが更新されます。「同期」ボタンの赤いカウンターが増分され、Marketo との最後の同期以降のチェックイン数が表示されます。「同期」ボタンが異なるように見え、 iPad および Android:

iPad

Android

ヒント

招待されたが登録されていない人物の場合は、検索ボックスのすぐ下の「サーバーで検索」をクリックして名前を検索できます。招待ステータスが「出席済み」に変わります。

タブレットで新しい人物を作成

Marketo データベースに存在していない人物を手動で追加できます。Marketo との同期時に自動的にチェックインされ、データベースに追加されます。

  1. 追加」をクリックします。

    iPad

    Android

  2. できるだけ多くの基本情報フィールドに入力し、「完了」をタップします。

    メモ

    既存フィールドのみ使用できます。カスタムフィールドは作成できません。

    注意

    メールアドレスをダブルチェックします。その他のフィールドは後で修正できますが、メールアドレスは、ゲストに問い合わせるメインの方法です。

新しい人物はイベントにチェックインした状態で登録され、Marketo に同期すると「出席済み」ステータスで Marketo データベースに追加されます。

チェックインの取り消し

誤ってチェックインした場合は、Marketo と同期する前​の場合は、「出席済み」ステータスを取り消すことができます。

  1. リスト内の名前をタップし、人物のレコードで「取り消し」をタップします。

    修正されました。

チェックイン時に人物レコードを編集

イベントの直前に、ゲスト情報を追加および変更できます。

  1. 人物リストで名前をタップし、「編集」をタップします。

  2. フィールドを編集して情報を追加し、「完了」をタップします。

    メモ

    In Android、 完了 ボタンが非表示になっている可能性があります。 下にスクロールして見つけます。

アプリを Marketo と同期すると、情報が更新されます。

アプリと Marketo の同期

Marketo Events アプリは、アクティビティを Marketo データベースに同期するまで、独立して動作します。最後のチェックインの後、できるだけ早く同期することをお勧めします。タブレットがインターネットに接続されている必要があります。

注意

同期後にアプリからチェックインを取り消すことはできません。

  1. タブレットでアプリを開き、イベントに移動します。

  2. 同期」をタップします。

    イベントが更新され、Marketo データベースの新しいチェックインが追加されます。「同期」ボタンの赤いカウンターは、他の人物をチェックインするまで消去されます。

    セキュリティ上の理由から、同期が完了したら Marketo Events アプリを終了する必要があります。

制限されたインターネットアクセスでの使用

一部の会場では、インターネットへのアクセスが低下している場合があります。次の操作を実行するには、適切な接続が必要です。

  • アプリのダウンロードとインストール
  • ログイン
  • イベントの選択
  • アプリと Marketo の同期

会場でのインターネットアクセスが気になる場合は、Marketo Events アプリにログインし、強力なインターネットアクセスを備えた場所で、事前にイベントを選択しておくことをお勧めします。そうすれば、アプリをオフラインで引き続き使用できます。その後、インターネット接続を再び確立したときに、すぐに Marketo データベースに同期します。

ヒント

インターネットに接続していない場合でも、チェックインする人物の人物データを作成できます。アプリを同期すると、既存の人物と紐付けされます。

メモ

無操作状態が 8 時間続くと自動的にログアウトします。

このページ