ワークスペースとパーティション間でセグメントを共有

必要条件

この記事は、ワークスペースとパーティションを持つお客様向けです。

分類とは

Marketoは、プログラムやスマートキャンペーンに適した人材を選ぶのが得意です。 ただし、より永久的なパーソナルの場合は、セグメント化を使用する必要があります。 Marketoでは、高度な動的コンテンツを使用する必要があります。

メモ

セグメントの作成方法を学びます。

これらのユーザーを設定したら(​をワークスペースで使用)、それらをワークスペース間で共有します。 次に、良い知識を示します。

ルールとヒント

  • 各Marketo購読には、複数のワークスペース全体で最大20個のセグメントを「合計」で含めることができます(1つのワークスペースにつき20個ではなく​)。

  • セグメントは、アクセス権を持つワークスペースとのみ共有できます。

  • すべてのパーティション​を表示する​デフォルトのワークスペースを作成し、利用してください。

  • セグメント化処理は、ワークスペース内でセグメントが作成されたユーザーに対してのみ実行されます。

    • デフォルトのワークスペース内で共有するセグメントを作成します。
      • セグメントの承認
      • 共有ワークスペースにはロックされたフォルダーが表示され、セグメントは読み取り専用です。
      • 共有バージョンは編集できません。 元のセグメントは、作成元でのみ編集できます。
    • 共有セグメント内のセグメント(医療など)をクリックすると、表示される訪問者は、表示中のワークスペースに関連付けられたパーティション内の訪問者のみになります。
      • Workspace 1(WS1)でセグメントを作成し、WS2と共有する場合、WS1はWS2のパーティションにアクセスできず、セグメントは再計算されません。
      • パーティションが制限されたワークスペースでセグメントを作成し、他のワークスペースで共有する場合、共有セグメントを受け取ったワークスペースでは、訪問者が重複している場合にのみ表示されます。
メモ

これらのルールの中には、少し複雑なものもあります。 最も簡単に作業を開始するには、特定のユーザーを使用してテストを行います。 新しいセグメントを作成し、古いセグメントを削除することができます。

シナリオの例

セグメントの共有

  1. データベース​に移動します。

  2. セグメント」を右クリックし、「新しいフォルダー」を選択します。

  3. 複数のワークスペースで共有するフォルダーの名前を指定します(例:共有セグメントを参照)。

  4. 共有するセグメントをフォルダーに移動します。

  5. フォルダーを右クリックし、「フォルダーを共有」を選択します。

  6. フォルダーを共有するワークスペースを選択します。 「保存」をクリックします。

    メモ

    このダイアログには、表示に対する権限を持つワークスペースが表示されます。そのため、Marketoでは、すべてのワークスペースとパーティションを表示するデフォルトワークスペースからセグメントを作成して共有することをお勧めします。

元のフォルダーがデータベースツリーに表示され、他のワークスペースと共有されていることを示す矢印が表示されます。 共有ワークスペース内では、フォルダーがロック付きで表示され、そのフォルダーのコンテンツが別のワークスペースから共有され、読み取り専用であることを示します。

このページ