サブスクリプションログインでのユニバーサル ID の使用

最終更新日: 2024-02-14

ユニバーサル ID を使用すると、1 回のログインで複数の Marketo サブスクリプションにアクセスし、素早くサブスクリプションを切り替えることができます。ただし、必要に応じて、サブスクリプションに異なるログインを使用できます。

ユニバーサル ID を使用する場合、個々のサブスクリプションごとにサポートチケットを作成できます。

ユニバーサル ID(役割、権限、パスワードポリシーなど)を使用するユーザーに対しては、サブスクリプションレベルの設定が適用されます。ユーザープロファイルレベルの変更は、姓、名、メールアドレスなど、すべてのサブスクリプションに反映されます。

ユニバーサル ID の設定

すべての Marketo サブスクリプションには、オプションのユニバーサル ID 機能が付属しています。個々のインスタンスから、Marketo 管理者が同じログインを使用して、異なる各サブスクリプションに招待する必要があります。Marketoは、既存のログインを自動的に結合できません。

メモ

複数のサブスクリプションログイン ID がある場合は、複数のコミュニティプロファイルを持つこともできます。使用するプロファイルに接続されているユニバーサル ID の ID を必ず選択してください。これは、サンドボックスではなく、実稼動インスタンス用の ID を選択します。

ログイン中

ユニバーサル ID を使用して 2 つ目のサブスクリプションへの招待を受け入れるためにログインすると、オプトインログインページが表示されます。ここでは、利用条件に同意するためのチェックボックスをオンにする必要があります。同意すると、こちらのログインページではなく、通常のリセットページが表示されます。利用条件に同意すると、Marketo は、サブスクリプションがホストされている別の場所にあるデータセンターに、基本的なプロファイルデータ(姓、名、メールアドレスなど)を配布できます。

ヒント

使用しなくなった ID は、サブスクリプション管理者が削除しない限り、維持されます。自分自身に割り当てられ、その ID を使用してのみアクセスできるプライベートレポートがある場合などが考えられるため、ID はそのままにしておくことをお勧めします。その場合、これらの非公開レポートを新しいユニバーサル ID に移動してから既存の ID を削除すると効果的です。

パスワード

複数のサブスクリプションに対してユニバーサル ID を使用すると、Marketo は最も厳しいパスワードポリシーを自動的に適用します。例えば、一部のサブスクリプションでパスワードの最小文字数が指定されていて、それ以外のサブスクリプションで指定されていない場合は、すべてのサブスクリプションに最小文字数が指定されます。

複数のサブスクリプションに対するユニバーサル ID を持つ場合、パスワードを変更できるのは自分だけです。

メモ

Marketoは、現在のサブスクリプションのパスワードが招待先の 2 番目のサブスクリプションのパスワードポリシーに従っていない場合、ユニバーサル ID を使用してパスワードをリセットするユーザーに問い合わせます。

サブスクリプション間の切り替え

ユニバーサル ID を使用すると、ログインしているサブスクリプションを確認して、ログインアクセス権を持つ他のサブスクリプションを選択できます。ほとんどの場合、ログアウトしてから再度ログインしなくても、切り替えることができます。

ログアウトしてから再度ログインすると、Marketo は最後にログインしたサブスクリプションに自動的にログインします。その後、必要に応じて、別のサブスクリプションに切り替えることができます。

コミュニティプロファイル

複数のサブスクリプションがある場合、複数のコミュニティプロファイルを持つことができます。最も活発なコミュニティプロファイルにリンクされているログインを選択することをお勧めします。

このページ