カスタムオブジェクトデータのインポート

カスタムオブジェクトデータをデータベースに簡単にインポートすることができます。会社でカスタムオブジェクトを使用する場合、詳しくは、会社でカスタムオブジェクトを使用するを参照してください。

  1. My Marketo で、「データベース」に移動します。

  2. 新規」をクリックし、「カスタムオブジェクトデータをインポート」を選択します。

  3. 参照」をクリックして、データファイルを探します。ファイル形式(この例では「コンマ区切り値」)を選択します。

  4. カスタムオブジェクトを選択します。

  5. ドロップダウンから「重複排除モード」を選択します。「次へ」をクリックします。

    メモ

    カスタムオブジェクトレコードを作成または更新する際に、重複排除フィールドを一意の識別子として使用します。この例では、「car」カスタムオブジェクトの重複排除フィールドとして「vin」(車両の ID 番号)を使用します。カスタムオブジェクトのレコードを更新するだけの場合は、重複排除モードとして「Marketo Guid」を選択できます。

  6. ドロップダウンで選択して、各列を Marketo のフィールドにマップします。

    メモ

    ファイル内の値が、照合先のフィールドのタイプ(テキスト、整数など)と一致することを確認してください。一致しない場合、ファイルは拒否されます。

  7. 次へ」をクリックします。

  8. インポート」をクリックします。

    メモ

    カスタムオブジェクトのサイズの上限は 100 MB です。

    ヒント

    アラートの送信先」にメールアドレスを入力すると、インポートの完了時にメールが届きます。

  9. 画面の右上隅に、インポート実行中には通知が表示され、完了すると最終結果が表示されます。

    これで完了です。

このページ