カスタムオブジェクトメタデータの書き出し

SOAP APIまたはMunchkin APIを使用している場合は、カスタムオブジェクトメタデータスキーマを書き出すことができます。 手に入れる方法は次の通りです。

  1. マイMarketoで、管理者​をクリックします。

  2. Marketoカスタムオブジェクト」をクリックします。

  3. 書き出すMarketoカスタムオブジェクトを選択します。

  4. カスタムオブジェクトアクション」ドロップダウンをクリックし、「オブジェクトを書き出し」を選択します。

メモ

エクスポートするには、カスタムオブジェクトが「承認済み」状態になっている必要があります。

これで、3つのタブにわたるカスタムオブジェクトのスキーマを持つスプレッドシートが作成されました。

このページ