登録解除メッセージを言語に対して動的にする

デフォルトの登録解除メッセージおよびリンクは英語です。 動的なコンテンツを使用して、異なる言語で表示できます。

メモ

以下に、この小さなチュートリアルを設定しました。 これはベストプラクティスですが、他の方法でも実行できます。

データを準備

  1. 「Preferred Language」という名前のカスタム フィールドを作成します。(このフィールドを同期する場合は、CRMで設定します)。

    ヒント

    今後、言語設定を取り込むためにフォームを作成する場合は、このフィールドを使用します。

セグメントを作成

  1. データベース​に移動します。

  2. 新しい​ドロップダウンで、新しいセグメント​をクリックします。

  3. セグメントに​優先言語​という名前を付けます。 「セグメント追加」をクリックします。 言語を入力します。

    メモ

    デフォルトのセグメントは英語です。

  4. すべての言語が表示されるまで、セグメントの追加を続けます。 「作成」をクリックします。

  5. セグメントを選択します。

  6. スマートリスト」タブに移動します。 検索フィールドに「優先言語」と入力します。 フィルターをキャンバスにドラッグ&ドロップします。

  7. 対応する言語を設定します。

  8. 各言語に対して同じ手順を繰り返します。 次に、セグメント化アクション​ドロップダウンを選択し、承認​をクリックします。

スニペットの作成

  1. Design Studio​に移動します。

  2. 新しい」ドロップダウンで、「新しいスニペット」をクリックします。

  3. スニペットに​登録解除メッセージ​の名前を付けます。 「作成」をクリックします。

  4. デフォルトの登録解除メッセージを入力し、ハイライト表示して、ハイパーリンクアイコンをクリックします。

  5. 次のトークンをコピー&ペーストします。{{system.unsubscribeLink}}を​リンクURL​フィールドに挿入します。 「挿入」をクリックします。

  6. [セグメント化]セクションで[セグメント化基準]を選択します。

  7. セグメントドロップダウンから、「優先」に入力し、「優先言語」を選択します。 「保存」をクリックします。

  8. ツリーからセグメントを選択します。 登録解除メッセージをその言語で入力します。

  9. 同じトークンをコピーして貼り付けます。{{system.unsubscribeLink}}を​リンクURL​フィールドに挿入します。 「挿入」をクリックします。

  10. すべてのセグメントに対して同じ手順を繰り返します。 次に、Design Studioに戻り、「スニペットアクション」ドロップダウンをクリックし、「承認」をクリックします。

    すごい。 もう少しで。

電子メールでのスニペットの使用

  1. 電子メールエディター内で、編集可能な要素をクリックします。 次に歯車アイコンをクリックし、「スニペットに置き換え」を選択します。 編集可能なスニペット要素を選択する場合は、歯車アイコンをクリックし、「編集」を選択します。

  2. ドロップダウンからスニペットを探して選択し、「保存」をクリックします。

  3. テストアウトするには、戻る​をクリックします…

  4. …次に、「動的」タブをクリックします。

  5. 別の言語をクリックして、スニペットの変更を表示します。

    ヒント

    もちろん、残りの電子メールは動的な言語用に編集することもできます。 この操作を行っている間は、登録解除ページでも同じ方法を実行します。

動的コンテンツを含む登録解除ページのカスタマイズ

ユーザーが好みの言語で登録解除ページにアクセスするようにする場合は、ランディングページーと確認ページで動的コンテンツを使用できます。

  1. Design Studioに移動します。

  2. 検索フィールドに「登録解除」と入力します。 登録解除ページが見つかるはずです。

  3. ドラフトを編集」をクリックします。

  4. セグメント基準」を選択します。

  5. 「優先言語」セグメントを探します。 「保存」をクリックします。

    各ランディングページのコンテンツを編集し、承認すると、問題なく操作できます。

    メモ

    動的なコンテンツと、できるすべての素晴らしい機能についての詳細。

このページ