通信制限の有効化

過度にコミュニケーションを取らないことは非常に重要です。通信制限を設定すると、組織が多数のメールを送信するのを防ぐのに役立ちます。

メモ

管理者権限が必要

  1. 管理者」で、「通信制限」をクリックします。

  2. 編集」をクリックします。

    メモ

    「日別」は、サブスクリプションタイムゾーンのカレンダー日(午前 0 時~午前 0 時)に基づきます。

  3. 日別」ドロップダウンリストをクリックし、目的の制限を選択します。この例では、「1」を選択します。

    ヒント

    また、どのプリセットオプションも適切ではない場合、「カスタム」を選択します。

  4. 7 日別」ドロップダウンリストをクリックし、目的の制限を選択します。この例では、「5」を選択します。

  5. 非オペレーショナルメールをブロックする」を選択します。

    メモ

    詳しくは、オペレーショナルメールを参照してください。

  6. 保存」をクリックします。

    メモ

    上記の設定により、ユーザーは、1 日に 1 件のメール​または​任意の 7 日間で 5 回​以上受け取らなくなります。

    メモ

    すべてのメールおよびエンゲージメントプログラムに、通信制限が自動的に適用されます。

このページ