Webフックの作成

Webフックを使用して、サードパーティのWebサービスを利用し、テキストメッセージの送信、個人データの拡張などを行います。

利用可能性

この機能を購入していないお客様もいます。 詳細は、営業取引先責任者にお問い合わせください。

  1. 管理者」に移動し、「Webhooks」をクリックします。

  2. New Webhook」をクリックします。

  3. Webフックに名前を付け、設定します。

    メモ

    これには、多くの場合、サードパーティのサービス資格情報をURLパラメーターとして、またはPOSTテンプレートに入力することが含まれます。

    • URL:Webサービスに対する要求のPOSTに使用するURLを入力します。ユーザーの電子メールアドレス({{lead.Email Address}})などのトークンをリクエストに挿入するには、「トークンの挿入」をクリックします。

    • テンプレート:POSTの本文に情報を送信する場合は、テンプレートを入力します。XML、JSON、SOAPなど、HTTPPOSTをサポートする任意のデータ形式を使用します。 テンプレートにトークンを挿入するには、「トークンを挿入」をクリックします。

    • Request Token Encoding:トークン値に特殊文字(アンパサンド、「&」など)が含まれる場合は、リクエストの形式( JSONまたは フォーム/URL)を示します。

    • 応答タイプ:サービスから受け取る応答の形式( JSONまたは XML)を選択します。

    「作成」をクリックします。

メモ

詳しくは、webhooks深い潜水所を参照してください。

このページ