ReST APIで使用するカスタムサービスの作成

ReST APIを介してMarketoとの統合を行う場合は、カスタムサービスを作成する必要があります。 これが方法です。

メモ

必要な管理者権限

ヒント

ReST APIの詳細については、開発者向けのドキュメントを参照してください。 また、必要に応じて、SOAP APIも用意しています。

メモ

SparkレベルがMarketoの場合は、カスタムサービスを作成できません。

カスタムサービスの作成

  1. 管理者​に移動し、LaunchPoint​をクリックします。

  2. 新しい」で、「新しいサービス」をクリックします。

  3. サービスの​表示名​を入力します。 APIのみユーザー 以前に作成したを選択します。

    メモ

    一般的なウェビナーサービスには、既にネイティブ統合が用意されています。

  4. 作成」をクリックします。

    ああ! サービスが作成されました。次に、アクセスを提供するためのすべての資格情報を取得します。

APIアクセスの資格情報

  1. 管理者​に移動し、LaunchPoint​をクリックします。

  2. 上記で作成したカスタムLaunchPointサービスの​表示の詳細​をクリックします。

  3. トークンを取得」をクリックします。

  4. 接続の確立の担当者に、クライアントIDクライアントシークレット許可されたユーザートークン​を提供します。

注意

この情報は共有しないでください。データのバックドアです。 安全に!

このページ