ReST API で使用するカスタムサービスの作成

Marketo との統合に ReST API を使用する場合、カスタムサービスの作成をお勧めします。手順は以下のとおりです。

メモ

管理者権限が必要

ヒント

ReST API の詳細については、開発者向けドキュメントを参照してください。必要に応じて、SOAP API も用意しています。

メモ

Spark レベルの Marketo の場合、カスタムサービスを作成することはできません。

カスタムサービスの作成

  1. 管理者」に移動し、「LaunchPoint」をクリックします。

  2. 新規作成」の下の「新規サービス」をクリックします。

  3. サービスの「表示名」を入力します。先ほど作成したAPI のみのユーザー」を選択します。

    メモ

    一般的なウェビナーサービスに対しては、既にネイティブ統合が行われています。

  4. 作成」をクリックします。

    これでサービスが作成されました。次に、アクセス用の認証情報をすべて取得します。

API アクセスの認証情報

  1. 管理者」に移動し、「LaunchPoint」をクリックします。

  2. 上記で作成したカスタム LaunchPoint サービスの「詳細を表示」をクリックします。

  3. トークンを取得」をクリックします。

  4. 接続を確立する担当者に、クライアント IDクライアントシークレット許可されたユーザートークン​を提供します。

注意

これらの情報は共有しないでください。データの裏の侵入経路になります。安全な取り扱いを心がけてください。

このページ