Web サイトへの Munchkin トラッキングコードの追加

Marketo のカスタム JavaScript トラッキングコード、通称 Munchkin コードは、自動化されたマーケティングキャンペーンで応答できるように、自社の web サイトを訪問したすべてのユーザーをトラックします。匿名の訪問者でも、IP アドレスなどの情報と共にトラックします。このトラッキングコードがなければ、web サイトへの訪問やその他のアクティビティをトラックできません

必要条件

経験豊富な JavaScript 開発者の協力を得るようにしてください。Marketo テクニカルサポートでは、カスタム JavaScript のトラブルシューティングについては対応できません。

Web サイトへのトラッキングコードの追加

メモ

Adobe Experience Cloud のお客様は、Adobe Launch で Marketo の連携を使用して、web ページに Munchkin スクリプトを含めることもできます。ここでアプリを取得します。

  1. 管理​に移動して、左側のツリーで「Munchkin」をクリックします。

    トラッキングコードタイプは「非同期」を選択します。

    メモ

    ほとんどの場合、非同期コードを使用します。詳細情報

    JavaScript のトラッキングコードをクリックしてコピーし、web サイトに貼り付けます。

    注意

    このスクリーンショットのコードは使用しないでください。ご自身のアカウントに表示される固有のコードを使用する必要があります。

    ヒント

    トラックする web ページにトラッキングコードを貼り付けます。規模が小さいサイトの場合は、ページごとに貼り付けることも可能です。または動的に生成される web ページ、ユーザーフォーラムなどが多数あるサイトの場合は、主なページに貼り付けるだけでかまいません。

    非同期 Munchkin コードを使用し、ページの <head> 要素内に貼りつけることが最も効果的です。簡易コード(推奨しません)を使用する場合は、</body> タグの直前に貼りつけます。

ヒント

トラフィック量が非常に大きくなる(例:1 か月の訪問数が 10 万以上)サイトの場合、匿名リードを追跡することはお勧めしません。詳細情報

複数のワークスペースを使用する場合のトラッキングコードの追加

Marketo アカウントで Workspaces を使用している場合、ワークスペースに対応した個々の web プレゼンスを使用していることも考えられます。その場合は、Munchkin トラッキングコードの JavaScript を使用して、適切なワークスペースおよびパーティションに匿名リードを割り当てることができます。

  1. 管理​に移動して、左側のツリーで「Munchkin」をクリックします。

  1. トラックする web ページに対応するワークスペースを選択します。

メモ

ワークスペースごとの Munchkin コードを使用しない場合、リードはアカウントの設定時に作成されたデフォルトのパーティションに割り当てられます。このパーティションの名前は、初期状態では「デフォルト」ですが、Marketo アカウントで変更することも可能です。

  1. トラッキングコードタイプは「非同期」を選択します。

  2. JavaScript のトラッキングコードをクリックしてコピーし、web サイトに貼り付けます。

    注意

    このスクリーンショットのコードは使用しないでください。ご自身のアカウントに表示される固有のコードを使用する必要があります。

  3. Web ページでトラッキングコードを貼り付ける場所は、<head> 要素内です。このページにアクセスした新しいリードは、このリードパーティションに割り当てられます。

注意

Munchkin のトラッキングスクリプトは、1 つのページの単一のパーティションおよびワークスペースに対して 1 つだけ使用できます。Web サイトの複数のパーティション/ワークスペースに、トラッキングスクリプトを追加しないようにします。

メモ

Marketo で作成したランディングページには、自動的にトラッキングコードが追加されるので、このコードを貼り付ける必要はありません。

Munchkin トラッキングコードのタイプ

Munchkin トラッキングコードは、以下の 3 種類から選択できます。それぞれ、web ページの読み込み時間に対する影響が異なります。

  1. 簡易:コードの行数は最小限ですが、web ページの読み込み時間に関しては最適化されません。このコードは、web ページを読み込むたびに jQuery ライブラリーを読み込みます。
  2. 非同期:web ページの読み込み時間が短くなります。
  3. 非同期 jQuery:web ページの読み込み時間が短くなり、システムのパフォーマンスも向上します。既に jQuery があると想定し、チェックも読み込みも行いません。

Munchkin コードのテスト

Munchkin コードを追加後に、コードが機能していることを確認するには、以下の手順に従います。

  1. Web ページにアクセスします。

  2. 分析​に移動します。

  3. Web ページアクティビティ」をクリックします。

  4. 設定」タブをクリックし、「アクティビティソース」をダブルクリックして、「匿名訪問者(ISP を含む)」に変更します。

  5. レポート」タブをクリックします。データが表示されない場合は、数分待ってから、下部にある更新アイコンをクリックします。

このページ