マネージャーアカウント追加を持つLaunchpointサービスとしてのGoogle AdWords

Google AdWordsアカウントをMarketoにリンクして、オフラインコンバージョンデータをMarketoからGoogle AdWordsに自動的にアップロードします。 次に、AdWords UIから、AdWordsにカスタム列🔗を追加した後、条件を満たしたリード、オポチュニティ、新規顧客(または追跡したい任意の売上高ステージ)に導いたクリックを簡単に確認できます。 この情報は、MarketoUIには表示されません。

複数のGoogle Adwordsアカウントがある場合は、Google AdWords Managerアカウント(旧称My Client Center)を使用して、それらをMarketoと統合できます。

Googleのオフラインコンバージョンインポート機能の詳細を表示します。

メモ

必要な管理者権限

メモ

また、スタンドアロンのGoogle AdWordsアカウントをLaunchpointサービスとして統合することもできます。

  1. 管理者​セクションに移動します。

  2. LaunchPoint​を選択します。

  3. 新規」と「新しいサービス」を選択します。

  4. 表示名を入力し、「Google AdWords」を選択します。

  5. Marketoを許可」を選択します。

    メモ

    個人のGmailアカウントからログアウトし、ポップアップを有効にしてください。

  6. Google AdWords​に関連付けられているアカウントを選択します。

  7. 受け入れ」を選択します。

  8. ステータスは​成功​と表示されます。 「次へ」を選択します。

  9. オフラインコンバージョンをMarketoからGoogle AdWords 週別​または​日別​にアップロードします。

  10. 最初のクリック​または​最後のクリック​に変換する属性です。

    タイプ 定義
    最初のクリック オフラインコンバージョンは、最初のAdWordsと、過去90日間にユーザーがクリックしたAdWordsに関連付けられます
    最後のクリック オフラインコンバージョンは、最後にクリックしたAdWords広告に関連付けられます

    メモ

    この機能が動作するには、自動 タグ付けを選択する必要があります。AdWords内でアクティブ化する必要があります。

  11. 次へ」をクリックします。

  12. 更新しないアカウントの選択を解除します。 「作成」をクリックします。

    次に、売上高モデルでAdWordsオフラインコンバージョンをマッピングする方法について、以下の関連記事を参照してください。

このページ